話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生貴族の異世界生活

shota

冒険者ランクが上がりました。(1)

翌朝、俺は王宮の見学を終え、再び冒険者ギルドに来ている。

「こんにちは。今日はどのようなご要件でしょうか?……って君はもしかして昨日Cランクの冒険者を倒したって噂の?」

「え?あっ、はい。そうですけど。」

マジか。もう噂になってるのか……。
そういえば、結構視線を感じるな。
まぁそりゃ昨日派手にやらかしたからな。

「そっか。やっぱりね。それで?今日は、何しに来たの?」

「今日は、昨日受けたゴブリン討伐の依頼の達成の報告に来ました。」

「え?もう終わったの?っていうか、なんで朝に?」

あー、たしかに朝来るのは不自然だったかな。

「すみません。昨日いろいろあって来れなかったんです。」

「そう。じゃあ討伐証明部位をだしてもらえる?」

「はい、わかりました。」

俺はゴブリンの右耳を出した。

「はい、確かに。じゃあ報酬の銅貨10枚です。」

「それから、ゴブリンのとオークの鑑定って出来ますか?」

「うん、出来るよ。でも、ゴブリンだけじゃなくて?どうしてオーク?」

「それは……ここじゃ話せませんね。」

「そう...。じゃ着いてきて。」

俺はギルドの裏の敷地に案内された。

「そういえば、君手ぶらじゃない。どこに鑑定する素材があるの?」

「大丈夫です。アイテムボックスがあるので。」

そう言って俺は、アイテムボックスから
ゴブリンとオークの死体を出した。

「へー。すごいわね。でもこれ結構レアなスキルだからあんまり人に見せたらダメよ?」

「はい。分かってます。」

「それにしても、すごい数ね。まったく。何体いるのよ。」

ゴブリンは10体しかいないが、オークは山のようになっている。
そりゃ集落1個潰したからね。

「ゴブリンはちゃんと10体ですよ。オークは、わかりませんね。でもオークキングとオークジェネラルもいますよ。」

「は?聞き間違いかしら?キングとジェネラルって言った?」

「聞き間違いじゃないですよ。ちゃんとそう言いました。」

「まさか……倒したの?」

「はい。ついでに集落も潰して来ましたよ。」

「そんな……。ありえない。だってオークキングはAランクの冒険者が5人でやっと倒せるくらいの強さなのに……。それに集落を潰すなんてそんなことが1人で出来るわけが……。
ちょっとギルドカードを見せてくれる?そこに討伐したモンスターが記録してあるはずだから。」

(うーん。まぁそりゃ信じてもらえるわけないか。)

「はい。いいですよ。」

俺がギルドカードを見せるとギルドの受付嬢は走ってどこかへ行ってしまった。








しばらくして、受付嬢はギルドマスターをつれて戻って来た。

「おいおい。またお前か。またやらかしやがったな?」

「ははは。そんなことないですよ。」

「そんなことないわけないだろ。どこに5歳でオークの集落を潰す奴がいるんだよ。しっかりやらかしてんじゃねーか。」

「ここにいますけど?」

「アホか!ったく、とりあえずこれは王宮に伝えるぞ。それでお前はたぶんランクが上がるからな。これから大変だぞ?」

「わかりました。覚悟しときますよ。」

「それから、この素材の量はここじゃ鑑定しきれないから王宮でランクが上がったという報告を受けたあとにやってもらえ。」














「転生貴族の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く