話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生貴族の異世界生活

shota

婚約!?

「ラース様!お待ちください!」

俺は王女様に呼び止められた。

「はい?なんでしょう?」

「その、父がラース様とご両親で話をしたいとのことですので」

「なるほど。どこでですか?」

「父の私室です。ついてきてください。」






「お父様、ラース様を連れてまいりました」

「あぁ。入っていいぞ。」

そこには国王とノヴァクロノ公爵がいた。

「失礼します。国王陛下どんなご要件で?」

「まあまあ、そんなにかしこまらんでも良い。私が勝手に呼んだのだからな。」

「そうですか。」

【コンコン】

「失礼します。陛下。」

「来たか、ゼクト伯爵。シスカ夫人。」

「して陛下、話とは?」

 「あぁ、実はな、我が娘リリアとノヴァクロノ公爵家の娘テレスとラース君を婚約させたいのだ。」

「「「·····え?」」」

俺と父上と母上の声がきれいに重なった。

「あの、なぜそうなったのか事情を聞いても?」

「ああ、事情ならリリアが説明しなさい。」

王様が急に話をリリアにふった。

「え!?私ですか?あ、えっと、それは...
た、単純に、ひ、一目惚れをしたからです!テレスもそうでしょう?」

「え?は、はい...。」

「ということだ。私も認めているし、もうこうなった以上他のところに嫁がせるわけにもいかん。ラースよ、認めてくれるな?」

王様から無言の圧力がかかる。

すごく断りづらい。たしかにリリアとテレスは可愛いよ?でもね、言葉遣いがそう見えないけど5歳だからね!2人共!

精神は大人なのに5歳児と婚約なんて精神的にツラい!せめてあと10年は待って欲しかった。

でも、王様からのお願いだから断れない...

「……わかりました……。」

「よし、だが、婚約発表はだいぶ先になるな...。そうだな、10年後の高等学院入学後にしよう。」

こうして、俺は5歳にして婚約したのであった...。









「転生貴族の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く