話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生貴族の異世界生活

shota

ステータス公開

夕食の時間が来た。
両親にステータスを公開する時間だ。

「ラース。夕食の時間だぞ。」

父上が部屋にやってきた。

「はい。わかりました。」

俺達は宿の食堂に行った。
宿の人が気を利かせてくれたのか、個室に案内された。

宿の夕食は結構美味しかった。

「ラース、ステータスを見せてくれるか?」

父上が聞いてきた。

「はい...これが僕のステータスです。」

(ステータスオープン)

隠蔽したステータスが表示された。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【名前】ラース・フォン・シュトローム

【年齢】5歳          【種族】人間

【性別】男               【レベル】1

【魔力】3213(隠蔽)

【攻撃力】1307(隠蔽)

【称号】伯爵家三男(その他隠蔽)

【適性魔法】

火     水      風      (その他隠蔽)

【スキル】

《アイテムボックス》《身体強化》
(その他隠蔽)

【加護】

魔法神の加護Lv3

武神の加護Lv2

商業神の加護Lv2
(その他隠蔽)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うん。これならだいじょ·····
【バン!】
父上が机を叩いて立ち上がった。

「...こ、これは!おい、ラース。」

「は、はい。なんでしょう。」

「これは絶対に人に言うんじゃないぞ...」

「え?」

「いいか?これは絶対に人に言うんじゃない!他のみんなもだ!さっき聞いた人は全員このことに関しては他言無用だ。」

「なんでですか?」

「まず、お前はアイテムボックスを持っている。アイテムボックス持ちは狙われて奴隷にされる場合が多い。それに加護のレベルがおかしい。」

「え?それなら父上や母上だって...」

「いいか?加護のレベルは人が努力を重ねて神様に認められた時にたまに上がっているんだ。最初は誰であろうとLv1なんだよ。」

俺はそう言われた時、固まってしまった。

(やらかした...もっとこの世界の人の基準を調べるべきだった...。)

「わかりました。自重するようにします...」

「ああ、頼む。」

こうしてステータスの公開は無事(?)に終わったのだった。




――翌日――

俺は今日、冒険者ギルドに来ている。
そう!冒険者ギルドこそ俺の夢の場所!
テンプレなどなどのラノベ好きにはたまらない場所に来ているのだ!






「転生貴族の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く