話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生貴族の異世界生活

shota

転生!

そして目が覚めた。目の前には俺の知らない天井がある。さらに隣には見たことがないような美人の女性がいる。

「あっ!」

女性は驚いたような声をあげ、

「シスカ様!!ゼクト様!!」

めちゃめちゃ慌てて部屋出ていった。
そして足音が迫って来ると、
【バタン!!!】
勢いよく部屋のドアが開けられ、
これまたありえないくらい顔が整った男女が入ってきた。さらに15歳くらいと11歳くらいの男の子に9歳くらいの女の子が入ってきた。

「「「「ラース!!!」」」」

と、一斉に抱きつかれた。
その瞬間これまでの記憶が繋がった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この世界での俺の名前はラース・フォン・シュトローム。伯爵家の三男だ。
そして最初に入ってきた女性が俺の母親
シスカ・フォン・シュトローム。
男性は俺の父親ゼクト・フォン・シュトローム。
15歳の兄トーマス・フォン・シュトローム。
11歳の兄ザック・フォン・シュトローム。
9歳の姉オリビア・フォン・シュトローム。
そしてメイドのエリカ。
このエリカが相当なドジっ娘らしく、このメイドのせいで俺は頭を打って1週間も寝ていたらしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「すいません、父上、母上、トーマス兄様、ザック兄様、オリビア姉様心配をかけてしまいました。もう大丈夫です。」

「ああ、大丈夫なら良かった。」

みんな目尻に涙を貯めていた。
これでみんな自分から離れていった。
しかしまだ1人残っている。
オリビア姉様だ。かなりキツく抱きつかれている。

「ラースぅぅぅぅ!」

そうこの人は重度のブラコンなのだ。

「あの、オリビア姉様?もう大丈夫ですから離してくれません?」

だが、抱きしめる力は余計に強くなった。
そして離してもらうまでかなりの時間を要したのだった...。

「転生貴族の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く