O'clock

桜井ギル

おやすみなさいの前に

少女「ううっ……!やって終わったー!」



少女が宿題が終わった時には時計は23時59分を指していた。



しかし、少女は気づかずただひたすら喜びの舞を踊っていた。



刻一刻と0時へと進むことは少女は知らなかった。



少女「こんなに早く終わったんだからまだ0時にはなってないはずよね。」



そう言って少女はベットの傍にいつも置いてある時計を覗き込んでみた。



少女「………………0時00分」



少女はそう呟くと急にその場に倒れ込んだ。



少女「あ、れ………………」




少女はそのまま意識が遠のいてしまった。






【???】



少女「……ん………………」



気づくと私は暗い暗い場所にいた。



少女「あれ……?」



少女「私は自分の部屋にいたはずなんだけどな…………」



見渡す限り闇。何も見えない。何があるのかも分からない。



私はこれから何が起こるのか分からない。



もしかしたらこのまま一生過ごすことになるのかもしれないし、何か何かが起こるかもしれない。



私はただただこれから起こることに恐怖を感じることしか出来なかった。

「O'clock」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く