創造と学習のスキルを手に入れたので薬でステ上げします

蒼沢そら

城塞都市ユーグリット

歩き始めて数十分、ヒロ達は遂に街へ到着した。

分身体はその役目を終え、ヒロの体に取り込まれる。

「・・・凄い活気だなぁ。」
「ここがマルファス王国で2番目の大都市、城塞都市ユーグリットよ!」

―ユーグリット。巨大な城壁に囲まれた、巨大な要塞。そんな印象の大都市だ。

城門から街の中に入ると、目の前に巨大な樹木のようなものが見えた。

「あれは何?」
「あれは災厄の樹カラミティツリーっていうの。魔物の活動源となる魔素を放出してる厄介な植物なんだけど、魔素の研究や魔族の無害化の研究のための研究対象になってるの。」

災厄の樹カラミティツリー、ねぇ・・・。この都市の城壁は、大樹によって活発になった魔族に対抗するための砦ってことか・・・。

大樹を眺めていると、隣のユリアがそう言えば、と言って切り出した。

「街に着いたのはいいとして、ヒロはこれからどうするの?」
「・・・あ。」

―やばい。街に着いたのは良いもののこれからどうするかなんも考えてなかった・・・。

ヒロの様子を見て察したのだろう。ユリアは言った。

「それじゃあ、私の家に来る?」
「・・・マジで?」

突然の提案に、ヒロは空いた口が塞がらなかった。




―ユリアの家にお世話になる・・・これはもしかするともしかするんじゃね!?

「・・・どうしたの?来ないの?」

上目遣いでこちらを見上げるユリア
。当人が気づいているか分からないが、美少女から上目遣いをされて平静を保てる男がいるだろうか。いや、いるはずがない。

「え、あ、でもほんとにいいのか?俺、無一文だし知識もないし、ほんとに乞食みたいなやつだけど―」
「いいのよ、別に。それに、困ってる知人を助けるのは当たり前じゃない。」

ヒロの言葉を遮り、ユリアは微笑みながら言った。

―天使かよ。

「さっ、それじゃあ行きましょ!」
「あ、おう!ありがとな、ユリィ。」

2人は居住区へ向けて歩きだした。


「創造と学習のスキルを手に入れたので薬でステ上げします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く