話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢に転生したのでそれらしくヒロインに嫌がらせをしているのですが・・・

アルテミス

プロローグ

 ・・・頭いたい・・・・・・なんか血の味するし・・・口の中切れてたかな・・・




 私、何してたっけ?
 確か・・・、いつもみたいにあの人達・・・・に暴力を振るわれて、『おまえなんか、とっととでてけ!!』とか言われて家を追い出されたんだっけ。
 私の前で機嫌が悪くない時なんてないんだけど、機嫌が悪い時のあの人達・・・・の私の扱いなんてこんなもんよ。
 あの人達・・・・が寝静まってから帰ろうと思って、ふらふら歩いてたところまでは覚えてるんだけど・・・・・。
 公園の近くだったし、いつのまにかベンチで寝ちゃったのかな。
 意識が朦朧としてたから・・・。
 でも、ベンチにしては背中が柔らかいような・・・?

 ぼんやりとしたまま、目をうっすらと開ける。

 まず、私の目に飛び込んできたのは天蓋付きのベッドのカーテン・・・?のようなものだった。それと豪華な装飾が施されたシャンデリア・・・?
 どうしてハテナがついてるかって?それだけ混乱していると思ってほしい。


「起きたか」

 男性の・・・いや、まだ幼いと言った方がいいのかな・・・。そんな男の子の声が近くから聞こえてきた。
 誰かが気づいて保護してくれたのかな・・・。

 あれ?私の知り合いには、こんな家に住めるほどのお金持ち、居たっけ?


 というか、私を助けてくれる人なんかいなかったはず・・・。




 あれ?

 ーーーーーーそもそも、わたしって・・・
    だれーーーーーーーーーーーー?




「悪役令嬢に転生したのでそれらしくヒロインに嫌がらせをしているのですが・・・」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く