BLストーリー

卯月//黒月//

天の聖と翔の晴 7

「はぁ」
なんでこんなことに…… 

現在祭悪の天童さいあくのてんどうこと天童凛雅(てんどう りんが)は家に帰るべく歩いていた。
最初の方は駅に向かっていたが、金がないことに気づいて、とぼとぼと(傍から見れば普通に早いが)歩いていた。

別にアイツ、墲內……なんとかとは前にあったわけでもなかったし、ウワサでもなんかどっかの委員長に凄い陰キャが居る。そいつは墲內と言うらしい。 このくらいだ。なのに何故かついてくるし、倒れたあとも家に連れ込んで看病して……なんなんだよ……何がしたいんだ……

そんなことを考えながら歩いていると後ろから複数の足音が聞こえた。

気配をうかがってみると、殺気のようなものが感じられる。そのまま5分くらいほっつき歩いてみたが、ただ着いてくるだけだ。

「ちっ、……コソコソついてねぇで出てきたらどうだァ!?」

「へっ、さっすが祭悪の天童サン。一味違いますね。」

楽しそうにケタケタと笑う。

「めんどくせぇな。あんなわかりやすく殺気ぶちまけといて何言ってんだ?」

「あ、やっぱり?どこら辺から気づいてました?」

「……1、2……5分くらい前?」

「え?5分も付けられてるの黙ってて居たんですか!?」

なんか素が出ていた。素でも敬語なのは変わらないようだが、声色が変わっていた。

「んだよ、どうでもいいじゃねぇか。」

「……まぁ、それもそうですね。楽しく行きましょう。」

ケタケタと笑いながら目は座っている。

「……なぁ、」

「はい?」

唐突な呼びかけに少しびっくりしている。

「なんでお前敬語なの?」

「まぁ、親の英才教育のおかげってことで。さぁ、噂どうりの強さなのか早くヤリましょうよ。」

「はぁ。……かかってこい。」

ようやく戦闘ケンカスイッチを入れる。

「さっすが、そうでなくっちゃ。」

相手もスっと空気を変える。戦闘ケンカの始まりだ

ドカッパキ!ガン!

やはりこいつは……だが、人数も多い、何よりこいつの指揮が上手い。相手の情報も仕入れたいし、少し苦戦するな。

「っちなみに、何対1か理解してますっ?」

「っあぁ!最初27対1!現在13対1!」

「さっすが!下1桁までお見通しとは!」

「これでも、成績は5位以内に入ってるんでね!」

いつもは1位だけど……5位以内はあっている。

「ほぅ!あの名門で!」

やはり、俺が通う学校を知っている。

「あぁ!留年は嫌なんでね!成績と最低限の出席日数は取るようにしてんだ!」

「なら、テストは出てるんですかっ?」

「出てるぜ!一応な!」

「君は思ったより優等生なようだ!」

こいつは本音を織り交ぜて話してくる。こちらも少し調子に乗って話してしまった。

「ハッ!ここまで話したのはお前が初めてだ!」

「ふふっ!じゃあ今度ラーメンでも行きましょう!」

「そうするか!の前にこれ……決着つけようぜ。」

この言葉で残り2人になった俺達は後ろにそれぞれ飛んだ。
そしてゆっくりとそれぞれに拳を下段と上段に構えた。

「3、2、1!」

ドゴッ!

ドサッ(描写がうまくいかないから擬音でどうにかしよう作戦)

2人が同時に殴るとすると、襲いかかってきた方の男だけが倒れた。

「あーあ、負けちまったァ……あなた、手加減してたでしょ。」

「……なんでそう思った。」

こいつは頭がいいから気づいているだろうが、一応聞いてみる。

「実はね、不意打ちのために僕より強いやつ、3人くらい入れてたんですよ。なのにあなたはそいつらを1発で倒してた。」

「あー、あの4人確かに他の奴らよりは固かったな。」

「その程度でしか覚えてないんですか。」

「試しに俺の腹本気で殴ってみろよ、あいつらよりは固いぜ。」

「……せっかくですし、失礼しマース」

のっそりと起き上がり俺の向かいに立つ。そして拳を振り上げる。

「おぅ。」

ガツッ!

「っっっ……!」

「ははっ、大丈夫か?」

腹に力を少しだけ入れたが、生半可な鍛え方はしていない。そうとう堪えてるだろう。

「痛いです。」

素直な感想を貰う。

「だろうな。ところで、お前の名前何?」

「え?あー僕は苗木 聖なえき さとるです。」

「……苗木……聞いたことあるな。あ、俺も名乗った方がいいよな。」

「ええ、苗字しか知らないので。」

「だよな。俺は天童 凛雅てんどう りんがだ、よろしくな、苗木。」

「ええ、でもせっかくなので聖と呼んでください。凛雅君。」

手を取り合いながらこんな会話をする。

「わかった、聖。そろそろ行かないと……」

「どこへ?」

「家。」

「じゃ、着いてきます。」

「好きにしろ。」

こんな喧嘩した後に仲良くなる。なんて、ベタなストーリーが現実にあるとは知らなかったなー。まぁこいつ良い奴だし、仕方ないかもな。

そうして2人で並んで歩いてった。そのあともチンピラ2,3人に絡まれたが聖が速攻ぶっ倒した。

こいつは多分柔道とかの有段者だろう。普通に強い方だ。





キャラ更新します 今回の追加キャラ…苗木 聖なえき さとる

「BLストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く