話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

簡雍が見た三国志 ~劉備の腹心に生まれ変わった俺が見た等身大の英傑たち~

平尾正和/ほーち

一方そのころ曹操は

 劉備らがお人好しの袁紹を利用し、曹操をあざむいて洛陽らくように潜入して3日が経ったころ。

 その日、曹操はいつものように執務室で膨大な量の資料に目を通していた。
 それなりに真面目な男ではあるが、こうやってなにかを読むというのは、半分趣味のようなものだ。

 いま彼が見ているのは、過去に洛陽で起こった事件の資料だった。
 ぺらぺらとページをめくる手は早く、傍目には流し読みしているように見えても、彼の頭にはその内容がしっかりと刻み込まれている。

「……ん?」

 曹操は読み終えて閉じた書物を置き、次に手を出そうとしたところで、なにか引っかかるものを覚えた。
 そしていましがた閉じた書物を、もう一度手に取る。
 それは五十年ほど前に記録された、盗品の目録だった。
 最初に読んだときより、少し遅いペースでページをめくっていく。
 目録には、文字だけの記録しかないものもあれば、特徴を捉えた絵が描かれているものもあった。
 そしてとあるページで、曹操の手が止まった。

「これは……」

 そこには2本で一対になる宝剣の絵が描かれていた。
 そしてその絵が示す物を、つい最近彼は目にしていた。

「む……」

 形のいい眉を寄せながら、曹操は記録に目を通す。
 それは洛陽のとある商家から盗まれた品の、ひとつだった。

『我が家に伝わる宝剣でございます』

 あの男は、そう言っていた。
 盗品を、宝剣として子孫に伝えるだろうか?
 仮にそうだとして、たかが五十年前に手に入れた物を“代々伝わる”などというのはおかしい。

 いまとなっては誰も真相を知らないのだが、この宝剣を盗んだ犯人は洛陽を逃れ、冀州きしゅうを抜けて幽州ゆうしゅうに逃げ込んだ。
 そこで宝剣を担保に金を借り、その金を逃走資金として行方をくらました。
 そのとき、男に金を貸したのが、習の旦那の祖父である。
 金を借り逃げはされたものの、おそらく貸した金より高価な宝剣を手に入れたということで、旦那の祖父に不満はなかった。
 その後、その宝剣は習家の蔵に収められたのだが、今回の仇討ち作戦に使う小道具として、劉備に貸し出されたのだった。

 そんな事情を曹操が知るわけもないが、いくら昔の話とは言え、盗品として記録されている物を持っていたのだ。
 詳しい話を聞かねばなるまいと腰を上げたところに、使いの者が慌てて駆け込んできた。

頓丘とんきゅう県令けんれいだと!?」

 突然の辞令だった。
 至急出立せよとの念押しもある。
 いまから袁紹に声をかけて、あの男を呼び出す時間もなければ、このことを後任に伝える間もない。
 仮に引き継いだところで、五十年も前の事件を引き合いに出して調査する者など、曹操以外にはいないだろう。

おう子伯しはく……」

 その名も、おそらく偽名だろう。
 だが、顔と声は覚えている。

「俺をコケにしやがって……。次に会うことがあれば、容赦はせんぞ」

「簡雍が見た三国志 ~劉備の腹心に生まれ変わった俺が見た等身大の英傑たち~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く