話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

簡雍が見た三国志 ~劉備の腹心に生まれ変わった俺が見た等身大の英傑たち~

平尾正和/ほーち

決行

 洛陽らくように入った俺たちは、さっそく宿に入って旅装をといた。
 かなりいい宿なんだが、なんと袁紹が用意してくれたのだ。
 しかも料金まで彼が持ってくれるという。

「なにからなにまでお世話になります」
「なに、気にすることはない。言ってみればあなたは私の食客しょっかくのようなものだ。お金のことは私に任せて、存分に洛陽を堪能するといい」

 食客、というのは中華に昔からある概念で、大雑把にいうと居候かな。
 大の大人に仕事も与えず、ただ養う。
 そういう習慣が、中華にはあった。
 食客を何人囲っているだとか、どんな人物がいるだとか、そういうのが権力者のステータスになるのだ。
 無駄飯食らいが多いのだが、中には歴史に名を残すような大人物が出たりするので、いまでいうガチャみたいな感覚かもしれないな。
 こういう習慣があるので、有力者から援助を受けることに、感謝はあれど遠慮はない、というのがこの中華の常識だ。
 なので、劉備も袁紹の申し出を、遠慮なく受けたわけだが、彼が特別図々しいわけじゃない。

 本来なら1日でことを終える予定だったが、袁紹のおかげでゆっくり休息が取れた。
 体調管理も含め、ゆっくりと準備ができるのはありがたい。
 俺は3日ほど宿にこもって筋肉痛と戦っていたが、劉備と張飛はちょくちょく出かけていた。

「さて、今夜あたり決行しようと思う」

 結局俺は洛陽を満喫することなく、ただ宿で寝込んでいただけなんだけど、曹操と袁紹でお腹いっぱいだから別にいいや。
 ちなみに、劉備と張飛は逃走経路なんかを頭にたたき込んでいたんだろう。
 場合によってはあの曹操が見張る北門を、夜中に抜け出す必要があるからな。
 見つかったら打ち殺されちまう。

 その夜。
 灯りが落ち、ほとんど真っ暗になった洛陽の街なかを、俺たちは早足で進んだ。
 街灯などはもちろんなく、ところどころ建物から漏れる灯りと、星明かりだけが頼りだ。
 俺たちはそれぞれ、習の旦那の協力者から武器を受け取っていた。
 劉備は剣、張飛は鉄の棒、そして俺は護身用の短剣だ。
 ほどなく、俺たちは目当ての場所にたどり着いた。
 相手はとうなんとかいう役人で、洛陽では中の上くらいの地位にいる。
 そこそこの地位ではあるが、いなくなっても大して問題にならないという程度の役人だ。
 高級役人と言うほどではないにせよ、洛陽に赴任しているってことで、地方からは手が出しづらい相手であることに違いはない。

「手はずどおりに」

 囁く劉備の声に、俺と張飛が無言で頷く。
 侵入経路は、旦那が協力者経由で用意してくれていた。
 給料だけでは到底維持できないだろう、そこそこ立派な邸宅は、周りをぐるりと板塀いたべいに囲われていて、その一部が、簡単に外れるようになっていた。

「よいせ、っと」

 張飛が板を外し、俺と劉備が先に入る。
 最後に入った張飛は、内側から板をはめ直した。
 庭を抜けて邸宅へ。
 楼桑村に比べて随分暖かい洛陽だが、夜になると風が冷たく、俺は小走りに駆けながら、いちどぶるりと身体を震わせた。

「少し早かったか……?」

 劉備が独り言のように小さく呟く。
 邸内から灯りが漏れているので、標的はまだ起きているみたいだ。
 寝てりゃあ楽だったんだが……。

「おかしい……」

 劉備がさらに呟く。
 思っていたより遅い時間まで標的が起きていることもだが、これまで人の姿が見えなかったことに違和感が亜あった。
 これだけの邸宅なので、警備のひとりやふたりいてもおかしくないのだが……。
 警戒を強めながら、邸内を進んでいく。

「兄貴、先生、あれ……!」

 驚いたように小さくうめいた張飛が示す先に、人が倒れていた。
 その周りに、縁側から射し込む星明かりを反射して、ぬらりと光る液体が広がっている。

「血……か?」

 劉備の疑問を耳にしつつ、張飛が先行して倒れている人影に近づく。
 そして首のあたりに触れたあと、顔を上げて頭を振った。
 死んでいる、のか?
 近づいてみたが、服装からして使用人か警備の人員と思われる。
 少なくとも、鄧なんとかいう役人とは、事前に聞いていた体型や人相が違っていた。

「な、なんだキサマ――ぐぇっ……!」

 そこに、男の悲鳴が届いた。

「簡雍が見た三国志 ~劉備の腹心に生まれ変わった俺が見た等身大の英傑たち~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く