話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大切な人

ウミネコ

一と瑞乃

お茶を出し、いちさんと向かい合って座る。「お茶ありがとうな、でなんだが…瑞乃お前バカだろ…」低く怒ってる声で言われ思わず
「でも…」と出たが言おうとしたことが何となくわかった。
「反論は認めない。瑞乃、俺が言いたいのは、俺だって男なんだよ?分かるか?」
隣座られ手を掴まれる。
佐藤に押さえつけられ手にアザができてるのに私は今気がついた。

「瑞乃、あちこちのアザ見てるだけ痛々しいな、さてゲーム内の相棒って言ってるがもう……それはやめだ、そして約束してくれ、俺はゲーム内の設定で相棒としてほかの悪い虫から守ってたけどもうその範囲では抑えれないだろ?なんでかといえばお前の不用心さだよ。お願いだから……俺の気持ちも知ってくれ、瑞乃が泣いてるのはたまったもんじゃないんだ。」きつく抱きしめ続ける。
「瑞乃はゲーム画面越しであったとしても俺にとっては俺のこと支え続けてくれた大事な人だ。いっそ恋人なってくれ、結婚とかはりゅうの兼ね合いあるからゆっくり考えてていい。とりあえずそばに居てくれ。」
「……えっと……いちさん、付き合って欲しい、ってこと?」
「他の男に取られるのは俺は嫌だな。瑞乃、君は俺がほかの女の子と遊んどっても内心もやもやしてるのは俺はわかるよ?嫌だろ?」
「な、なんで……」
「コンパ行った後の日や数日なかなか2人出てゲームしなかった時なんて毎度声沈んでるもん。寂しかったんやなってわかりやすいよ。数日一緒試合行けなかった時に酒に酔っての素直な"寂しかった"とかって言う一言だって言ってるやん」
「なるべく言わないように気をつけてたのに……」
「それでも声のトーンでだけでも長年してりゃ分かるよ、俺の子猫相棒ちゃんだからね」頭撫でて私の顔をじっと見た。
「でもいいの?私で」
「他の子と遊んでも、思うのだけど瑞乃と比べるんだよ。でも瑞乃以上にいい女やついない。」
「そう……なんだね。」
「瑞乃……どこ触られたの?」
「え?」
「実はさ……ゲームは遊び場だから隠してたけど…ド変態で嫉妬深い方だからね?束縛するかも…他の男に触れられるとか特に気に入らない…」
「多少なら束縛は平気、あと多分…」
相棒だよ?まだ恋人じゃないのに?と言おうしたらいきなり押し倒されてされるがままに触られて行った。
身体中にキスされ、たくさん撫でられた、
じっと観察するかのように反応を楽しむかのようなやり方で「好きだよ」耳元で囁かれるその声はどの食べ物よりも甘く痺れるものだった。いやじゃなかった。
と言うよりもあまりにも心地よすぎて抗えなかった。
もういいや、付き合いたいなら付き合うで
飽きたら離れるよね。

やけっぱちな感情で抗うのやめた。

一との交際はここからだった。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く