話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大切な人

ウミネコ

私の相棒

美容もなるべくお金かけず、それでいてなるべく老化進まないようにと工夫してくらす。

子供へのお金とバイク乗れるようにお金を積み立ててつつの生活。
必死に働いた。
3年未満でかなり溜めたしついに夫にたよらず大きな買い物を初めて買う時が来た。

バイクを買いに行き、いくつか試乗させてもらった。

走り心地に惚れたその大型バイクに私は迷いもなかった。

高速に乗って嫌なことあればすっ飛ばし走る。まるで力強く低空飛行してるかのような感覚。

無心で走る感覚は私には心地よかった。

走った後程よい疲れが心地よくて。
今までイライラして寝れなかった日常も……いつの間にか私には無縁だった。

家庭に一切金を入れない夫はバイク買う前なんて否定的だったのに、今じゃ買って正解だと言う。
夫婦喧嘩もめっきりなくなったし、会話も少なくなったが、お互いの時間を満喫してるのだから文句はないようだ。

リュウむすこも興味持ったのか
もまた車やバイクが好きで乗りたいとせがむ。

だけど大人なってからにしなさい言って止める。

私は私の相棒バイクで本日も高速に乗って出勤することなる。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く