勇者パーティーの回復魔法師、転生しても回復魔法を極める! 〜只の勤勉で心配性な聖職者ですけど?〜

北河原 黒観

第41話、とある休日

 ◆ ◆ ◆


全方位オール回復ヒール

 自室の床を血で汚す程に、ぐちゃぐちゃに損傷した私の右手が瞬時に完治をする。
 この感じ、前世と比べても格段に性能がアップしたな。

 結局祈りで得た気付きも含め、考え得る全ての呪文を試した結果、写本の間違いを正し真実の呪文トゥルースペルに辿り着いた事で大幅に性能アップをしたのがオールヒール。
 これはブースト無しでも、部位接着と部位復元を行えるようになったのは大きい。

 あとは今まで使えなかった上級回復魔法エクストラヒールのトゥルースペルの一部が判明したようで、自動復元回復カウンターヒールとして実戦でギリギリ使えるレベルにまでなったのと、幻影思考イリュージョンのトゥルースペルが完全に判明したに終わったか。
 イリュージョンも試しに自身へ使用してみたが、前世と比べ遜色ない効果が発揮されている。

 つまりそれはアニマから得た情報により、私が知る全ての回復魔法のトゥルースペルが分からなかったと言う事だ。
 よってレダエルからレダギルとアニマが二つに分かれた説が、完全に消えてしまったわけだ。

 ああぁ、それよりまた新しいダンジョンで新たな手掛かりを見つけるまでは、今回のような本格的な魔法研究はお預けになるのか。

 そこで窓を見ると、朝陽が室内にさしていた。

 徹夜をしたわけなんだが、まだまだ早い時間のようだな。
 気分が高揚しているため朝飯も食べなくても良いし、今日一日ぐらいは寝なくてもいけるのだがする事もないので、少し寝るとするか——

 そこで部屋がノックされる。

「アルドくん、起きてますか? 」

 リーヴェの声、……朝食の誘いかな?

「あぁ、あと開いてるよ」

 すると僅かに開いた扉から、リーヴェが顔を覗かせる。

「アルドくん、その、大変な事になりました! 」

 この感じ、真に大変な事ではなく、リーヴェの中では大変な事なのだが、他人から見ると割とどうでも良い話のパターンである。

「まずは落ち着くんだリーヴェ、話はそれからだ」

「はい! 」

 それから深呼吸をしたリーヴェは、小首を傾げた。

「えっと、あれ? 」

 どうやらテンパりすぎて、話の内容をど忘れしたようだ。
 そこでヒントを出す事に。

「ウォッホン、……ちょう……しょく」

「そうそう、朝食食べに行かないですか? 」

「あぁ、付き合うよ。そしたら少し用意をするから、待って貰ってもいいかな? 」

「はっ、はい! 」

 しかし忘れた事柄を思い出したであろうリーヴェは、何故かまだハテナ顔で何かを思い出そうとする素振りを見せていた。

 要件は他にもあったのかな?

 そして私の用意が済むとエルも誘いに部屋へ向かったのだが、既に一人で食事に出掛ける旨が記された書き置きが残されていた。
 そのため二人で外に出掛ける事になり、どのお店に入ろうかと現地で直接決める事になったのだが——

 なんだか久々に街を見ながら、ゆっくり歩いている気がする。
 リーヴェもこの状況を楽しんでいるようで、先程から食事とは関係ないお店でチョコチョコと足を止めている。

「ここも覗いても良いですか? 」

「いちいち私に断らなくて好きに見てくれて構わないよ。そこまでお腹が空いてるわけではないから」

「ありがとです! 」

 そして適当に決めた飯屋で朝食を済ませ街に出ると、リーヴェは興味があるのか果物屋さんの前で立ち止まりモジモジし始めた。


 ◆ ◆ ◆


 リーヴェたちの上に乗ってる猫さんたちの事を伝えようと思ってたのに、直前で物忘れしてしまったです。
 でも気がつくと、リーヴェがアルドくんを朝食に誘っていて、部屋に戻ると何故かエルちゃんは居なくなっていて。

 それから食事が終わったのに、用事もなく街を二人で歩くだなんて、なんだか知らないうちにデートをしてるみたいになってます。
 しかも誘ったのはリーヴェからであって——

 そこで恥ずかしくなってしまい思わず足を止めてしまっていると、アルドくんから声が掛かります。

「ここも入ってみるか」

「えっ、はい、見てみます! 」

 顔を上げて苦し紛れにそう伝えると、アルドくんがポンと手を打ちます。

「あぁ、そう言うことか」

 ……えっ?
 リーヴェの心の内が、バレたです!?

 遅れてですが、アルドくんの言葉の意味を理解した瞬間、心臓の鼓動が飛び出しそうなぐらいバクバクになっちゃってます!
 しかもリーヴェの心の中を見透かしているような、優しい瞳で絶賛見られてます!

「あっ、……その」

 恥ずかしくて、身体が内から震えて、出そうとしていないのに声が勝手に外に出てしまっています。

「気にしなくて良いよ、荷物持ちなら手伝うから」

 そうしてそこそこ重くて荷物になる、ズイガカを一玉買う事になりました。

 表面は黒の縦じまが入った緑の球体でそこそこ高いですけど、割ったら赤くて甘い身が詰まってるので、これは痛い出費ではないのです!

 それから他のお店も立ち寄りながら串団子も購入したリーヴェたちは、それを食べながらギルドまですぐそこの所まで来ました。

「リーヴェ、ついでだからギルドに寄っていかないか? 依頼掲示板を見ておきたかったから」

「わかりました! 」

 ギルド内に入ると、朝一番に張り出される依頼を求めて訪れる冒険者の方々による、依頼ラッシュが終わった後のようでした。
 そのためギルド側の建物内にはあまり冒険者の方々は居らず、変わって酒場の方で飲んでいる冒険者の方々の人数が多い状態になっています。

 そこでアルドくんの後について掲示板を見て行ってるのですけど、どうやら護衛の依頼ばかりを見ているようです。

 あっ、わかりました!
 ダンジョン断崖絶壁の虚空城ダグラパロスを攻略したので、この街から違う街に向かうのですね!
 そしてただ移動をするのではなくて、ついでに護衛の依頼があればそれを受注するという。

「アルドくん、次の目的地はどこになるのですか? 」

「それが特には決めていないんだ。回復魔法の研究も楽しみなんだが、世界を気ままに旅するのも自由で良いかなと思ってるから」

 世界を自由に旅ですか!
 リーヴェもなんだか、とってもワクワクして来たです!

「因みにリーヴェは、北と南はどっちが良いと思う? 」

「どちらかと言えば南です! 寒いよりは暑いほうが良いです! 」

「そか、そしたらこれかな。キャラバンに同行するメンバーを集っているのが一件あるな。
 レコ王国と西方の隣国マジェスタ王国の国境線を南下する商隊で、……出発は明日の明朝になっているな。急だけどエルにも聞いて、オッケーならこれにするか? 」

「はいです! 」

 冒険者って大変だと思ってたのですけど、こんな形で旅が出来るのはとっても楽しそうです!

「そしたら早速宿に戻って、エルに聞いてみるとするか」

 そうしてエルちゃんの同意も得たので正式に依頼を受注して、リーヴェたちはズイガカを仲良く分けて明日に備えるのでした。

「勇者パーティーの回復魔法師、転生しても回復魔法を極める! 〜只の勤勉で心配性な聖職者ですけど?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く