話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~

ナノレイ

11話


………


何か見られてる気がする



怖いなぁ




「ついたぁ!」
「ここってもしかして」
「服屋だね」
「買い終わったら言ってくれ、外で待ってる」
「は?」
「ヒェ」
「アズマの服を買いに来たんだよ?」
「いや、大丈夫だ俺にはジャージがある」
「ん?」
「………いやだぁ!」
ガシッ
「逃げれると思った?」
「な、何で」
「私を誰だと思ってるのかしら」
「ぐぬぬ」
「諦めなさい、装備解除」
「え?」

うわぁジャージが外された
装備しないと
あれ?無い

「俺のジャージは?」
「返して欲しいなら大人しく選んだ服を着なさい解った?」
「………はい」
「それ!」
「!?」
「ちょっとそこで待っといて服を選んでくるから」


ここって更衣室だよな
ここでもあったんだ
てか少し肌寒いな、
裸だし
うぅ俺のジャージを取り戻すためには
ラピスの選んだ服を着ないといけないんだよな
カッコいい服がいいなぁ、男物の
………絶対女物の服だよなぁ



はぁ





あぁため息、またやっちまったよ


はぁ


俺にはどうせ無理だよ

ため息しないようにするなんてさ

何をしても俺は
他人と比べられ
出来が悪いと馬鹿にされて
頑張っても頑張っても認められない
どれだけ努力しても
結果は出ない
何でいつも



こうなって仕舞うんだろうな



はぁ


仕方ないよな


所詮、俺だし




まぁ、結局いくら努力したって
本人が言っても
結果がでなければ
それは努力したって認められないし
努力したって事にも成らない
結局世の中
結果だけなんだよ
過程に何があったって
誰かが不幸になろうが
結果が良いのであれば
問題には成らない

酷いものだよなぁ


そんな事、早く忘れてしまいたいよ




いくら嘆こうが



今の俺には関係無いのだから




「はい、服持ってきたよ!ってどうしたの?アズマ」
「ラピスか、いいや何でもないよ」
「そうじゃあ着たらいってね」



………これを着ろと言うのか?

どうやって着ればいいんだ?
チュートリアルとか無いのか
ジャージは普段から着ているからわかったがこれは
無理だ
よりにもよって

浴衣は駄目だろ


下着でさえ解らないというのに

浴衣もとか無理だろ






はい


何か色々と言葉では
表せないものを失った気がするよ


結局着せて貰いました




ラピスに



「似合ってるよ、アズマ!」
「そうか、どう反応すればいいのか解らないんだが?」
「喜べばいいと思うよ」
「いや、男としてそれは違うだろ」
「今は女だよ!」
「それは、そうなんだが」



何だかなぁ



「じゃあ服も着替えたし行こっか!」
「え!?」
「服着替えて終わりだと思ってた?残念まだまだ終わらないよ」
「そんなー」
「今日は祭りだからね、楽しんで行こー」
「こんな格好じゃ無理だよ」
「気にしちゃ駄目だよ」
「気にするだろ、普通」






 祭りか………
賑やかでいいなぁ



今の世界で祭りをやっても
人は集まらず 
寂しい事になるからな

そもそも



祭り事態も廃れてしまった




なら今日は思う存分
楽しもうか

初めての祭りだ


そう思うとワクワクしてきた


「ん?どうしたの?」
「いや、こんなに賑やかな祭りは生まれて初めてだからな、ちょっと戸惑っていただけだ」
「そうなんだ、じゃあなおさら楽しまないとね」
「あぁ」
「綿菓子あるよ!」
「綿菓子?」
「知らないの?」
「あぁ、どういったもの何だ?」
「えっとね、甘くてふわふわして美味しいんだよ」
「おぉ食べて来てもいいか?」
「いいよ」



「綿菓子1個ください」
「ハイよ、嬢ちゃん」
「じょっ嬢ちゃん!?」!!(゜ロ゜ノ)ノ
「ん?どうした?」
「なんでもないです」
「ははは!そうかまだまだ祭りは終わらねぇから嬢ちゃんも楽しんでこいよ!」
「はーい」



おぉこれが綿菓子

思ったよりも大きい


どうやって食えばいいんだ


ほっぺたに当たるよな
かぶりついたら



ラピスに聞こう



「ラピス!これどうやって食えばいいんだ?」
「そのままこうやって食えばいいんだよ」パクリ
「あっ」

パクリ


!?口の中で溶けた

甘くてうまい(≧∇≦)
パクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパク



ハッ!?
夢中になってた

うぅ口の周りがベタベタする……


「美味しかった?」
「うん」
「一心不乱に食べてたもんね可愛かったよ食べてた時のアズマ」
「むぅ」

可愛いとかなんか複雑だ
だがしかし、綿菓子がおいしいのだから仕方ないよな

「なぁラピスあれ買ってきてもいいか?」
「ん?いいよ」


「おじさん、それ1個ください」
「ん?どれだ?色々あるんだ、それじゃ解らない」

いっぱい種類あるんだ
どれも美味しそうだなぁ

「全部!1個づつください」
「おう、ハイよ、落とすんじゃねえぞ」
「はい」

これも美味しそうだなぁ

もぐもぐ

おいしい~

あっ

でもこれって確か脳に直接こういう味だよって
刷り込んでいるんだっけ
だから実際にこんな味とは限らないのか……
はぁ
嫌なことを思い出してしまった
あんなに美味しくて楽しかったのに
何故だか
虚しい
味は変わっていないのに

もういいや
祭りは

楽しくない
これ以上ここにいても虚しいだけだ

「なぁラピスもう帰ろ」
「え?あんなに楽しんでたのにもう帰るの?」
「うん、なんか虚しくなってきたし」
「そっか~じゃあ最後に花火だけ見て帰ろ」
「花火?」
「あっもうすぐ上がるよ」


ピュ~~~~~~~~~~~~~~~~バゴーン


綺麗だ

目に焼き付く

今まで自分が気にしていたことがとても
ちっぽけな物だったんだなと

思った

そう感じさせるほどに


初めて見た花火は

綺麗だった


「やっぱり、来て良かったよ」
「本当!?綺麗だよね、花火」
「本当に綺麗だなぁ」
「あはは」
「いきなりどうした?」
「さっきまで虚しいとか言ってたのにねぇ」
「花火を見てそれが些細な物だと気づいただけだ」
「でも楽しんで貰えて良かった」



本当にありがとうラピス










《アカウント名 Ryota1080がログアウトしました》

「FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く