話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~

ナノレイ

7話

「おはようございます」
今は6時か
飯食って、身だしなみ整えたら
制服着て、学校行くか
今日の朝ごはんは
米しかないな
醤油でもかけて食うか
うん、うまい
塩分多いけど、気にするな


っと準備完了
「いってきます」

登校中

ふぅ、ついたなぁ
今日もいつもより早く来てしまった
教室には稲里しかいなかった
「おはよう、稲里」
「おはよう、東雲」
「昨日は何か作れたのか?」
「昨日は素材を集めて終わりだったよ」
「そうなのか」
「そうなのよ、蜘蛛の糸を集めるのが大変で」
「うっ、蜘蛛までいるのか」
「結構可愛いよ」
「そうか……蜘蛛か」
「東雲は虫が嫌いだもんね」
「あぁ、嫌いだ」
「でも糸じたいは結構優秀なのよ」
「そうなのか?べとべとしてそうだが」
「そうでもないのよ、丈夫で柔らかく、伸び縮みもしやすいし、防具の下に着る服とかには結構使いやすいよ」
「そうなのか、まぁ俺にはジャージとかもろもろあるから、着ることはないだろうがな」
「壊れたりとかはしないの?」
「耐久無限だぞ」
「うわぁ、すごすぎでしょ」
「最近は、装備も増えてパリィとかもできるようになったんだ」
「今度の闘技大会、絶対に優勝できるんじゃない?」
「そうかもなまぁ、期待しとけよ」
「貴方に全財産の半分賭けとくね」
「マジかよ、それじゃあ負けられないな」

まぁ負けるつもりはないが
だって、なぁ
スキル進化チケットとか言うのが貰えるんだぜ
予選突破したら試合の数だけもらえて優勝したら20枚、決勝での相手のレベルが自分より30以上離れていたら追加で10枚、全部で40枚だ
最高だなぁ
しかも進化チケットは課金じゃあ絶対にてに入らないし
だから、絶対に勝つんだが




一時間目 世界史
暇だなぁ
あぁ退屈だ
わかりきっていることをなぜ今やるのか
簡単なことを学ぶ必要があるのか
なぜ学校は存在しているのか
勉強だけが全てではない、
そんなものわかっている
だけど
どうしても時間を無駄にしている
そう、思わずにはいられない
えっ?
そんな事いって
学力はどうなんだって?
中学主席で卒業したよ
だからまぁ
暇だなぁ
寝たいが、平常点は落としたくない



あっ!授業が終わった


二時間目 国語
なぜ、この主人公はそう簡単に
人を信じられるのだろうか
なぜ、そこまで人のために頑張れるのだろうか
お前には、関係ないことだろう
どうして?なぜ?なんで?
疑問はつきない
だから、俺は国語が嫌いだ
自分の悪いところがたくさん目立つから
人間いい人ばかりじゃない
自分のことしか考えないやつもいるし
他人を平気な顔して殺すやつもいる
どこまでも、汚いことしか考えないやつもいる
だから、ハッピーエンドは嫌いだ
現実はそううまくはいかない
だって、人は、醜い生物だから
人を陥れ、蔑み
自分が他人の上にたとうとする
足の引っ張りあい
そうそれが人だ
誰かが、いっていた
人という、漢字は片方に支えてもらって
もう片方が楽していると
まさにその通りじゃないか
中にはそんな事ない、と言うやつもいるだろう
仮にそうだとしよう
支えあっていると
ならなんで、いじめがあるんだ?
まぁそういうことだ
ふむ………
らしくないなぁ
俺はこんなことを考えれるような人間じゃない
あぁ授業が終わったな………


三時間目 理科
うん、暇!
あぁそうだFWOには、アーツがあったなぁ
登録はしたけど、使用はしてないなぁ
というか
体を勝手に動かされるのは、あまり慣れていない
違和感が強くて、使えないんだよなぁ
まぁ、既存の物は体を動かされるが
登録したものは
技名を言えば
アーツ補正が働いて
ダメージが上がるのは
驚いた、体が勝手に動かされるのに
違和感が強い人には助かるけど
まあ、直接言葉にしなきゃいけないのは
恥ずかしい
でも、自分で動かせるんだから
あまり文句は言えないな



四時間目 保健
一般常識が大半を占めるこの教科
一番点をとりやすいのに
落とすやつが大半
俺はコツコツやってるから
大丈夫!
つまり、暇
あぁ、体を動かしたい
バドミントンがしたい、FWOがしたい
ラピスとフィールドに出れたら嬉しいのに
ラピスは話を聞いた感じ
外をあまり知らないだろうしね
楽しそうだ
今日聞いてみるか!

食堂

はぁ、腹へったなぁ
よし!
今日はカツ丼特盛でも食うか



ふぅ、やっと食える
「いただきます」
うまいなぁ
毎日食べたいぐらいだよ
でも、高いんだよなぁ
玉子丼ならぎりいけるけど
カツ丼はまぁ、たまにしか食えないよね
「東雲って、いつもご飯美味しそうに食うよね」
「そうか?まぁ美味しいからな」
「カツ丼とか玉子丼以外は食わないの?」
「値段が……」
「あぁ」

今日も稲里と食っている
まぁ後からあいつらも来るだろ

「あいつら、今日は遅いな」
「黒岩は委員会があるって言ってたよ」
「猿飛と田中は?」
「今日は弁当だから教室で食べるって」
「あれ?稲里は弁当なのに食堂で食うのか」
「いちゃ駄目なの?」
「いや、話し相手がいないよりかはいてくれたほうが嬉しいな」




「ごちそうさまでした」

教室戻るか………


五時間目 科学

暇だなぁ
「なぁ田中、お前は闘技大会出るんだよな」
「あぁ、出るがそれがどうかしたか?」
「今レベルどれくらいだ?」
「今はだいたい………80ぐらいだな」
「マジかよ何をすればそんなにレベルが上がるんだ?」
「あぁ一応最前線だからなどんどん奥に進んで行けば敵のレベルも上がっていくからレベル上げは簡単だぞ」
「そうなのか………今どこにいるんだ?」
「今か……今はアスタリスクだなぁ」
「アスタリスク!?王都じゃないか」
「あぁそうだな、知っていたのか」
「あぁ昨日住民に地図を貰ってな」
「地図だと!?存在していたのか」
「あ、あぁ」
「俺も今日貰えるか聞いてみよう」
「アスタリスクには何があるんだ?」
「転職とか、クランの設立とか、土地の購入とか、色々とできるぞ」

まじかぁ
闘技大会が終わってノワールとブランシュに行ったら行くかぁ
それにしても転職か……
優勝できるかなぁ
でも俺にはパリィがある
パリィは成功させれば状態異常すら無効かできる
魔法も神力もしくは魔力を纏った状態でパリィをすれば防げる
状態異常は神力もしくは気力で防げる
まぁ、普通のパリィより難しかったが
だいたいの癖は覚えたからな
楽しみだなぁ
あっ!授業終わってた


六時間目 音楽
入学したての音楽は小学校から変わらず
校歌を覚えなきゃいけないんだよな
まあ、歌を歌うのは、好きだからいいんだけど

部活中

「右足を前にして動けって全部の動きは右足を基準にしてるから左足を前にしても意味ないやろ」
「こうか?」
「ラケット下がってる、ラケットは上げたままや」
「わかった」
まだまだ、だな
足の動きを意識して
言われたことをまずは試す
否定から入るのではなく
肯定から入る
そうやって学んでいくか……
うまくはいかぬこともあるが
確かに成長しているところはある
だけどそれを試合で生かしきれていないのが
今の現状だ
試合でできなきゃ
意味がない
まだまだ、俺は強くなれる
頑張らねば

帰宅

さあFWOだ


《アカウント名Ryota1080がログインしました》


よし、早速
星空の鍵を使用

星空の間

おぉ!
ちゃんと転移できたぞ
ラピスはっと
「おーい、ラピスまた来たぞー」
「あ、アズマ!会いたかったよ」
「なぁラピス」
「何?」
「ラピスはフィールドに出れるのか?」
「出れるけどなんで?」
「いや、お前と一緒に冒険でもしてみたいからな」
「そうなんだ、じゃあ今からでも行く?」
「あぁそうしたいんだが、ラピスは戦えるのか?ステータスとかさ」
「ちゃんと戦えるようにはなってるよ、ほいステータス」


ネーム:ラピス
種族:最上級神【創造&破壊】
性別:女

Lv:50
HP:∞
MP:∞
SP:∞
GP:∞
BP:∞
STR: E
VIT: E
INT: E
MND: E
DEX: E
AGI: E
LUK: E


種族スキル
創造、破壊、覚醒、神威


おぉ何か見慣れないものしかないな
まあ、Eはたぶんerrorのことだろう
だが創造と破壊、種族の【】
BPの存在

「なぁ種族に【】がついてるけどこれってなんだ?」
「あぁそれは、その神が何を司っているかがわかるようになってるんだよ」
「あれ?じゃあ俺にはないのは何でだ?」
「私が与えてないからだよ」
「じゃあ欲しいってなったらくれるのか?」
「全ての神に与えられる物だからね」
「そうなのか、じゃあ何で俺は与えられなかったんだ?」
「それはね、神になった頃の君には適性が何一つとしてなかったからだよ」
「じゃあ今は?」
「与えられるよ!はい、この中から2つ選んでね」


創造:全てを創り上げる力
破壊:全てを破壊する力
闘:闘いを好む者のための力
殲滅:多数の敵を独りで滅するための力
死:安らかなる死を届ける力
終末:終わりを告げる力
虚無:全てを無に帰す力


この中からか……
気になるのはいくつかある
創造と闘
後は、虚無か……
まぁもう決めたことだ
「闘と創造にしてくれ」
「わかった、汝に告げる、与える力は闘、戦に愛され、戦を愛する者のための力、与える力は創造、全てを創り上げる者のための力、創造神の名において汝その力を司ることを認めよう」
おぉ
これは、体に光が入っていく
これが力か……
あぁ、収まったか
「終わりか?」
「終わりだよ、ステータスをみてごらん」
ステータスオープン


プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神【闘&創造】
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:50
HP:4000/4000
MP:8000/8000
SP:8000/8000
GP:7500/7500
BP:1000/1000
STR:2000
VIT:1500
INT:650
MND:500
DEX:1900
AGI:1500
LUK:300


種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒、神威

創造
BPを消費して物質を創り上げる
創れる物は消費量に応じて変化する

【闘】
三分間
全ステータス1.5倍
種族スキル以外の効果を2倍
三分後半日はステータス0.5倍


職業スキル
纒【気】改 ★、気力操作 ★、纒【魔】改 ★、魔力操作 ★

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復 ★【常時】、SP自動回復 ★【常時】、MP自動回復 ★【常時】、GP自動回復 ★【常時】、集中、天眼

創作スキル
気弾 ★、魔弾 ★、気配察知【常時】、神力操作 ★、神弾 ★、纒【神】改 ★

教習スキル
近接格闘術 ★、縮地、パリィの極意

称号
創造神の情愛、天拳に認められし者、天拳の弟子、天脚に認められし者、天脚の弟子、天盾に認められし者、天盾の弟子、モンスターキラー

ステータスポイント150
スキルポイント190


おぉ変わってる
さらに強くなったなぁ
闘技大会が楽しみだな
あぁそうだ
「BPてなんだ?」
「BP?信仰のことだよ、信仰されればBPの最大値を上昇させることができるBPの回復はGPの回復速度に影響されるね」
「そうなのか、信仰されるにはどうすればいい?」
「祠や社、神殿を用意して祈って貰えれば良いよ」
「どこに置けばいいかな?」
「それなら、御神体を創造してみて」

取り敢えず御神体だからな
BP全部突っ込め
はぁ!
ポン!
あっ!できた
「はい」
「じゃあちょっとお願いしてくるね」
あっ!消えた




「ただいま」
「おかえり、何をしてきたんだ?」
「えっとね、私の御神体を置いている教会の人にお願いして追加してもらったんだ」
「1個しかなかっだろ」
「創造で同じのを作ったからね」
「そうなのか」
「これで祈って貰えればBPが増えるって訳、でさ祈っても何もなかったら誰も祈らなくなるから加護を設定しようか」
「加護?」
「うん、基本一時間限定のね、そうしたら冒険者とかにも祈ってもらえるようになるよ」
「そうなのか」

どうしようか
加護




よしできたぞ
ラピスと相談しながら加護を設定したからな
たぶん大丈夫なはずだ

アズマの加護
経験値取得量:1.2倍
モンスター遭遇率:2倍
スキル効果量:1.2倍
STR、DEX、AGI上昇
隠し効果
ジャージ系着用時加護効果量:1.2倍
効果時間80分


まぁ、こんな感じだ
今の俺の最大限だな
というか、こうしている間にも
BPが増えてきていてビックリした
「今日は、色々とありがとうなラピス」
「力になれてよかったよ、また来てくれるか?」
「また、会いに行くよラピス」
「じゃあ、私達は"友達"、だよな!」
「あぁ"友達"だ」

《ユニーククエスト"ラピス"が進行しました》
《称号に創造神の友が追加されました》

おう、そうか
"友達"か……

称号
創造神の友
ラピスとの好感度が一定の値を超えたことによる称号
住民との好感度上昇
1日に一回だけ死亡時にその場で生き返る

まじかぁ、結構すごい称号だぁ
ログアウトするか

《アカウント名Ryota1080がログアウトしました》

ふぅ疲れた
飯食って風呂入って寝るか




「おやすみなさい」












「FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く