話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~

ナノレイ

2話

「おはようございます」

今の時間は6時か飯でも喰うかな
パンか
うまいなぁ

軽く動いてくるか今日はジョギングでいいか
眠気ざましには丁度いいな

ふぅ
「ただいま」

8時まで勉強するか………






「終わったー!」
はぁやっと終わった
さあてゲームゲームっと


《アカウント名Ryota1080がログインしました》


今の時刻は0時かこの時間帯に起きてるのはプレイヤー位か
じゃあお楽しみの
ステータスオープン

プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:10
HP:500/500
MP:700/700
SP:700/700
STR:500
VIT:300
INT:100
MND:150
DEX:450
AGI:300
LUK:300


種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒

職業スキル
纒【気】★、気力操作 ★、纒【魔】★、魔力操作 ★

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復Lv58【常時】、SP自動回復Lv95【常時】、MP自動回復Lv95【常時】

創作スキル
気弾Lv10、魔弾Lv10、気配察知【常時】

称号
創造神の情愛、ウサギキラー、天拳に認められし者天拳の弟子



ステータスポイント30
スキルポイント37

結構凄いことになっているなというか上がりすぎだろうスキルLvにステータス
これでLv10って信じらんねぇ
まぁ種族ボーナスとかもあるんだろう成長度にかんしては
まあ一番は師匠との修行だろうな

よし狩りに出かけるか


朝はウサギだが暗くなるとネズミが出るんだな
さぁ狩り尽くしてやるぞ

ふむネズミの名前はっと
前歯ネズミ
まんまだな

取り敢えず今日かなしで
はっ!!
ん?
弾けとんだぞ
もう一匹
そい
また一撃
もっと奥に行くか


森か死角や障害物に気を付けていくか
ん?なんだあれは
フォレストウルフか
ッ!同じような気に囲まれたか
まぁいい
楽しくなってきたじゃないか

気力と魔力を纏うか
ガキン
「もろいな」

あっ逃げたか

もっと奥に行くか
…………あっ森を抜けたな街がある言って見るか

「止まれここを通るのならこの水晶に触ることだな」

ん?
「わかった」
「よし、通っていいぞ」

おぉいいみたいだな
えーとテレポートはできるみたいだ
来た時点で登録されるのだな

外に出るかまともに戦闘はしてないしな

ん?また別の森みたいだな
!!
危な今のは!!
またか
気配はあそこか!
気を圧縮して回転かけて放つ
よし気配は消えたな
今のは何だったんだ?
また別の気配が、それも複数
いって見るか
あれはゴブリンか?
よし先手必勝
命中したら一気に飛び出して一発二発目は気力と魔力を纏って打ち込む
奇襲は成功したが囲まれたか
相手はゴブリンソードマンにゴブリンナックラーか
後衛にはゴブリンセージにゴブリンアーチャー、ゴブリンガンナー、ゴブリンマジシャンさらに奥にゴブリンスナイパーかたぶんさっき遠距離から攻撃してきたのはスナイパーだな
取り敢えずまずはセージお前からだ
前衛二体は気の放出でぶっ飛ばす
スナイパーの援護射撃は気弾で反らす
ガンナーとアーチャーの援護は遅いから当たらん
セージにたどり着いたら一発で仕留める
気力と魔力を拳に集中してぶん殴る
ドスッ!
セージは撃破
ソードマンは戻って来たか………
ナックラーは仲間を呼びにいったな
次に厄介なのはスナイパーかならば気を圧縮して回転をかけて一気に放つ
近づいて来たソードマンは頭を殴ってぶっ飛ばす
ガンナーとアーチャーはまず攻撃は当たらないから近づいて倒す
マジシャンはっと………テレポートで逃げたか
気はあそこか結構な気が集中している
いくか


おっと大分近づいて来たらスナイパーに狙撃されたなでも無駄だもうその速さにはなれた
バドミントンをやっているからな
速さにはなれている

見えてきた
足に集中して一気に加速する
まずは一体目
二体目、三体目
おっと囲まれたな
まぁそうなるようにしたんだが
取り敢えずスナイパーはこれで無力化だな
あとアーチャーとマジシャンそれにガンナーもか
まぁ遠距離は封じた
混戦時の遠距離は地雷でしか無い
味方の誤爆で死にましたとか笑えない
取り敢えずぶっ飛ばしていくか
スナイパーの位置は把握しているから
適当に攻撃してきたゴブリンをそのまま投げて投げて投げる

特に何事もなくスナイパーは死んだな
さてあとは消化試合だ
殴ってくるゴブリンをそのまま掴んで背負い投げからの気弾で追撃
斬りかかってくるゴブリンは腕を弾いて剣を落としてそのまま他のゴブリンごと魔弾で貫く
それでも処理仕切れない場合は気力と魔力を周りに放出して吹き飛ばす
さてあとはマジシャンだけだな
結構離れているな
ならば
気力と魔力を手の上で圧縮してビーム状にして放ち続けるで横にずらして行けば
いい感じだ
マジシャンとセージ両方倒せたな
ここらへんにいるゴブリンは全て討伐したかな?
よし時間も丁度いいし
師匠のところに行くか















「おはようございます。師匠」
「おぉおはよう」
「昨日の続きをしましょう」
「あぁそうだな………よし次のステップに以降しても良さそうだな」
「次のステップですか?」
「そうだ」
「何をするんですかね」
「やることは簡単だ俺と闘うんだ」
「昨日もしましたよね」
「あぁだけど俺は格闘術の基本を教えながらお前と闘う、お前は俺が教えた術を使用しながら闘うんだ」
「解りました」
「では、始めるぞ」

















「はぁはぁはぁ」
「今日はここまでだ明日は最後のステップだ楽しみにしておけ」
「はいぃ」


疲れたが大分成長したかな
ステータスオープン


プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:25
HP:1000/1000
MP:1400/1400
SP:1400/1400
STR:800
VIT:400
INT:150
MND:200
DEX:750
AGI:500
LUK:300


種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒

神威
三分間ダメージを無効化
全ステータスを1.2倍

職業スキル
纒【気】★、気力操作 ★、纒【魔】★、魔力操作 ★

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復Lv98【常時】、SP自動回復 ★【常時】、MP自動回復 ★【常時】

創作スキル
気弾Lv50、魔弾Lv50、気配察知【常時】

教習スキル

格闘術 ★
格闘系の攻撃ダメージUP
スキルの効率化

称号
創造神の情愛、ウサギキラー、天拳に認められし者天拳の弟子

ゴブリンキラー
ゴブリンに与えるダメージが上昇する

ステータスポイント75
スキルポイント97

 
おぉ結構成長したな
昼飯食べにログアウトするか

《アカウント名:Ryota1080がログアウトしました》






今日の昼飯は冷凍チャーハンか
量があって結構お気に入りなんだよな~
うん
やっぱりうまい休憩したらまたログインだな



《アカウント名Ryota1080がログインしました》



最後のステップまでまだ時間があるからな
何か自分だけのスキルを創るか
まずは気力と魔力を使っているけど
使っている感じは噛み合うからな
それをもっと気力と魔力を掛け合わせることができれば纒の強化にもつながるからな
一回やってみるか
この際時間ギリギリまで総当たりだ
まず気力と魔力を同時に体に流していく
纏うのではなく循環させていく感じで
うーん
確かに纒は強化されたけどまだもっと上があるはず
今のは混ぜ合わす感じじゃない
どうしてもまだ混ざりきってはいない
だがひとまずはこれになれながら考えてみるか
取り敢えず体内で混ぜるのは感覚でしかわからないから
体外に気力と魔力を放出して混ぜ合わすこの感じでやれば変化も目に見えて解るからな


《纒【気】スキルが改良されました 以降、纒【気】スキルは纒【気】改になります》

《纒【魔】スキルが改良されました 以降、纒【魔】スキルは纒【魔】改になります》


おぉスキル改良もあるのか
ならさっき考えたことをやってみるか
気弾と魔弾を出して
合わせる
ぐぅ結構きついな
どうしても完全に混ざり会わない
もっと純度を高めていく
おぉ少し混ざったな
つまり高純度の気力と魔力で混ざり会うわけだ
ならば後は純度を高めるのみ!!













はぁはぁはぁ………
何度目の気力魔力切れだ?
もうそろそろ日が明ける
ようやく9割ぐらい混ぜ合わすことができた
あともうそろそろだ
これで最後だ
気弾と魔弾を高純度で混ぜ合わす!!

ッ! 
眩し!!
こ、これは

《創作スキルを取得しました追加されたのは神力操作です》

《創作スキルを取得しました追加されたのは神弾です》

《ステータスにGPが追加されました、GPはMPとSPの値で設定されます》

!!
ステータスオープン


プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:25
HP:1000/1000
MP:2200/2500
SP:2200/2500
GP:1700/2000
STR:800
VIT:400
INT:150
MND:200
DEX:750
AGI:500
LUK:300


種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒、神威

職業スキル
纒【気】改Lv1、気力操作 ★、纒【魔】改Lv1、魔力操作 ★

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復Lv98【常時】、SP自動回復 ★【常時】、MP自動回復 ★【常時】

創作スキル
気弾 ★、魔弾 ★、気配察知【常時】

神力操作Lv1

GPを自由に操作できる
GP消費をLvに応じて軽減する

神弾Lv1
神力を放つ技、威力はスキルLvと消費SPによって変化する

教習スキル

格闘術 ★
格闘系の攻撃ダメージUP
スキルの効率化

称号
創造神の情愛、ウサギキラー、天拳に認められし者天拳の弟子、ゴブリンキラー

ステータスポイント75
スキルポイント97

神の力か………
これでようやく鬼神らしくなってきたじゃないか!
後は纒に使うのを神力に変えて………

《創作スキルを取得しました追加されたのは纒【神】改です》

ん?これはいきなり改何だな
性能はっと
やっぱりかなりのぶっ壊れだな
まあかなり苦労したからなえっと16時間もぶっ通しでやったんだな
でも
全ステータス5倍は上げすぎだろ
これはなぁしかも秒間GP1消費でこれだろ
なら覚醒とあわせて三分間で使い切るぐらいの消費で何倍になるんだこれ?
消費GP×5倍だから三分で秒間11消費で11×5=55
覚醒で2倍だから55×2=110
合計で全ステータス110倍!!
ヤバいな
取り敢えず師匠との修行があるし
いくか






「よく来たな!」
「はい」
「これで俺との修行は最後だ!これが終わったらもうここに戻って来ることもないだろうな」
「はい……」
「だから最後の修行はこの俺を倒すことだ!」
「はい」
「お前の全てを俺にぶつけてこい!!」
「はい!」
「さあ始めるぞ!」

師匠との最後の修行
俺の全部ぶつけさせてもらいます
やっぱり師匠の拳は重いが
受け流せる
師匠との修行のお陰だ
ふぅ

「一気にいきます!」
「かかってこい!!」

神力を纏う
覚醒も使う 
三分だ
三分以内に決着をつける

「!!流石、俺の弟子だ!」

近づいて殴る
ガードされる
知っている
だけど関係ないね
あんたに教えて貰った技だ
外側ではなく内側に衝撃を与える技

「いいぞ!教えた技、ちゃんと使えているじゃないか」

俺はあんたの弟子だ
当たり前だろ?
だけどこれは
俺のオリジナルだ

「!!」

残念それはただの
残像だ
足払い
体勢を崩したところに
打ち込む!!

「ぬぅ」

今のを耐えるのか!
だけどまだまだ
追撃の一撃
ッ!
消えた!?
嫌違う、これは!

「残像だ」

後ろか

「ガァッ!」

クソッ!
流し切れなかったか
まさか
師匠も使えるとはな
だけど
まだいける
拳を避けて引っ張る
近づいて来た
ところを殴る
離れたところに
気弾の追撃!
弾いた瞬間に近づいて
回し蹴り
隙は与えない!
殴って殴って殴る!
足払いは
避けながら回転踵落とし
鬼神連打!!
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!!
ぐぅ
はぁはぁはぁはぁ
覚醒も切れた神力も切れた
これで終わらなかったら
俺の負けだな

「見事だ!よくぞその手で俺を倒した天拳たる俺の全力を」

はぁはぁ勝ったのか………

「俺の弟子で俺を倒せたのはお前が初めてだ」
「はい」
「お前にはもう教えることは何もない」
「はい……」
「だからこれは餞別だ使ってくれ」

これは………

「本当にいいんですか?」
「あぁ」
「ありがとうございます。師匠」
「たまには、顔を出してくれよ」
「はい!!」

師匠ありがとう
早速装備するか



天拳印のグローブ ★8
拳での攻撃時にダメージボーナス
装備者と共に成長する
耐久値:∞

天拳印のインナーシャツ ★8
操作性に補正
拳での攻撃時にダメージボーナス
装備者と共に成長する
耐久値:∞

天拳印のインナーパンツ ★8
操作性に補正
脚での攻撃時にダメージボーナス
装備者と共に成長する
耐久値:∞

天拳印のトレーニングシャツ ★8
操作性に補正
拳での攻撃時にダメージボーナス
装備者と共に成長する
耐久値:∞

天拳印のトレーニングパンツ ★8
操作性に補正
脚での攻撃時にダメージボーナス
装備者と共に成長する
耐久値:∞

天拳印のシューズ ★8
脚での攻撃時にダメージボーナス
移動速度に補正
操作性に補正
装備者と共に成長する
耐久値:∞

免許皆伝の証 ★8
所持者の操作性に補正



おぉ初期装備からだいぶ変わったな

「どうですか?師匠」
「似合っているぞ」
「師匠、ありがとうございます」
「あぁこれからも頑張れよ」
「はい」

師匠にあえて本当に良かったなー
さてさて 
次はなにしようかな?

「おい!」

ん?

「何ですか?」
「お前その装備どこでてにいれた!」
「師匠から貰いました」
「誰だそれは」

そういや
名前を聞くの忘れていたな~

「師匠は師匠です!天拳っていってました」
「天拳だと!」
「はい」
「嘘をつくならもっとましな嘘をつくんだな」
「嘘なんかいってません!」
「まぁいい、お前その装備を渡せ」
「嫌です」
「なっ!お前、俺は攻略組だぞ!!」
「知らん」
「お前もう許さないからな!」
「お前の装備をかけて決闘だ!」
「それをやって何か意味があるのか?」
「知らねぇよ、お前は黙って俺に装備を渡せばいいんだよ!!」

変なのに絡まれたな
あぁイライラする
攻略組とかどうでもいい!
決闘か………
絶対にぼこす

「わかった受けてやるよ」
「それでいいんだそれで!」
「ただしお前が負けたら、お前のもの全て俺が貰うぞ」
「はっ!!いいぜどうせ俺が負けることなんかないからな」


《決闘を申し込まれました》

当然受ける

















「くらえスラッシュ」

………遅すぎるだろ
普通に避けるか
外したのに何で動かねぇんだ?
あっそうか
アーツ硬直時間か
初めて見るがアーツってショボいな
まぁいい取り敢えず
纒【神】改50倍で
一撃叩き込む
バゴン
おぉ流石師匠からの餞別だ
初期装備とは比べ物にならないぐらい動きやすい

ん?
勝ったのか?

「おいお前!チート使っただろ」

何を言っているんだこいつ

「じゃないと俺が一撃っておかしいだろ!攻略組だぞ!!」
「賭けには勝ったぞ早く全部渡せ」
「誰がチート使いに渡すかよ!こんなの不正だずるだ!」

うるさいな
こういう時は確かGMコールをするんだったけな
GMコール、GMコールっとあったあった

「及びでしょうか?」
「おいゲームマスター!こいつがチート使って決闘に勝ったんだ!」
「今、確認しますね。」
「早くしてくれ!」
「確認しましたチートやツールの類いは使われておりません」
「どういうことなんd」

消えた!?

「すいませんアズマ様、迷惑プレイヤーにはアカウント停止処分にしましたのでこれからもFLOをお楽しみください。あとこれが迷惑プレイヤーの持ち物全てです」

んーとなになに


10000G

鉄の剣 ★1
攻撃力+15
耐久値:80/100

革のシャツ ★2
防御力+4
耐久値:40/50

布のズボン ★1
防御力+2
耐久値:10/15

回復ポーション ★1×5
HP80回復



えっと
これだけ!?
少ないなぁ
まぁいいか!
明日にでも売りにいくか
取り敢えず今日はもうログアウトだ

《アカウント名Ryota1080がログアウトしました》

ふぅ
疲れた軽くストレッチしてから降りるか
はぁ
あのクソプレイヤーのせいで
結構めだったなー
本当にどうしようか
よしストレッチ終了
降りるか

「あっやっと降りてきたもうご飯できてるよ」
「おぉうまそうな匂い」
「「いただきます」」

今日のご飯は
大根に出汁が染みててうまいなぁ
ご飯が進む進む
もぉー満腹

「ごちそうさまでした」

ふぅ休憩したら今日は
風呂入って寝るか
長いことゲームしたからな


風呂も入ってすっきりしたし
「おやすみなさい」

 






  

「FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く