話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~

ナノレイ

1話

遂に来たこの時が
発売日に手に入ったことに喜びを隠せない

そう、何を隠そうこの俺、東雲亮太は発売前から注目されているVRMMOゲーム【FreeWorldOnline】略してFWOを手にいれたのだ!
今までは年齢制限でVRゲームはできなかったけど今年で16になる今ならプレイできるのだ!
土日祝日の三連休に珍しく部活が無いからな存分にプレイできるぞ
もうすぐサービス開始の一時間前だな
ログインしてキャラ設定するか






《アカウント名:Ryota1080がログインしました》



おぉこれがVRか
ワクワクしてきたぞ!
おっとキャラメイクだな
……………解らんどうすりゃいいんだ?
「ヘルプ!」
「はい、ヘルプです」
「ナビゲーションをお願いします」
「解りました」
「まずは、キャラメイクからですね、種族はどうなされますか?」
「種族?何があるんだ?」
「人族や魔族に獣人族等色々いますので一覧を表示します」
「ありがとうございます」
………成る程ね色々あるなぁ
迷うどうするか………
「あの……」
「ん?」
「迷うのでしたらランダムにするのはどうですか?」
「ランダム?」
「はい、ランダムにすると、運が良ければ通常のキャラメイクでは選べない種族になる可能性がありますのでどうかと」

………ランダムか、ここでうだうだ悩んでいてもしょうがないしな

「決めました、ランダムにします」
「はい、ランダムですね」

うぉ眩し!!

《種族が設定されましたあなたの種族は鬼神です》

え?なにそれ強そう

「おめでとうございます!とても珍しい種族ですよ」
「鬼神とはどういう種族なんだ?」
「簡単に言いますと、物理格闘型の種族です」
「なるほどね」
「ではキャラの見た目を決めてください」
「あぁじゃあリアル基準である程度、美化しといてくれ」
「こんな感じですかね?」
「おぉそうそういい感じ、角は右目の上らへんに一本生やして」
「えーと、こうですか?」
「そうそうこれで決定」
「はい解りました次に本職を選んでください一覧を表示します」

……これは……思ったより少ないがどうするか悩む

「これは……何かオススメの職業はあるのか?」
「オススメはこの中にはありません」
「どういう事なんだまさかまたランダムとか?」
「はいそうなりますね」
「よしランダムにするぞ」
「解りました」

うぉぉぉ唸れ俺のリアルラック!!


《本職が設定されましたあなたの本職は気闘家です》

「ん?気闘家とは」
「気闘家はMPの他にSPと呼ばれるゲージを追加し、そのSPを纏ったり、放出したり等して戦う職業です似たようなものに魔闘家等がありますね」
「おぉ結構いい感じだな」
「はいそうですね次に副職を決めてください」
「じゃあこれもランダムで」
「解りました」

ここまでくりゃランダムいいや

《副職が設定されましたあなたの副職は魔闘家です》

「………魔闘家とは」
「………気闘家のMPバージョンです気闘家との相性は素晴らしいですよ」
「解りました」
「ではステータスの割り振りを」


ステータスか悩むな………Okこれでいいだろ

「これで最後です名前を決めてくださいこの世界でのあなたの名前を」
「俺の名か………」
「俺の名はアズマだ!」

《プレイヤー名が設定されましたあなたの名前はアズマです》

「これで終わりですかね」
「はい……これで終わりです」
「また会えるといいですね」
「また、ですか?」
「駄目でしたか?」
「いえ、またお会いしましょう」
「じゃあいってきます」


《称号を獲得しました追加されたのは創造神の情愛です》

おぉ称号をもらった、けど情愛ってなんか恥ずかしいな

そうだステータスオープン

プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:1
HP:300
MP:200
SP:200
STR:200
VIT:150
INT:80
MND:100
DEX:200
AGI:150
LUK:300

種族スキル
鬼神Lv1【常時】
鬼に襲われない
STR、DEXに追加ボーナス
(ボーナス値はLvにより変動)
死亡時ステータス上昇

覚醒
全ステータスが三分間二倍になるが三分後全ステータスが半減する

職業スキル
纒【気】Lv1
SPを消費してSTR,AGI上昇
上昇値はLvと消費SPによって変動

気力操作Lv1
SPを自由に操作できる
SP消費をLvに応じて軽減する

纒【魔】Lv1
MPを消費してSTR,AGI上昇
上昇値はLvと消費MPによって変動

魔力操作Lv1
MPを自由に操作できる
MP消費をLvに応じて軽減する

通常スキル
鑑定Lv1
それについての何かがわかるどれだけわかるかはLv次第

採取Lv1
Lvに応じた品の採取方法がわかる

創作スキル

なし

称号
創造神の情愛
住民からの好感度上昇
創作スキルを習得しやすくなる
スキルLv上昇率上昇

なるほどこれが今の俺のステータスかやっぱり珍しい種族だからか強いな、あまり他の人にばれないようにしないと
冒険者ギルドに行くか
おぉやっぱ結構混んでるな
先に外に行くか

おぉ外はまだあまり人はいないな
これなら採取もできるか
おぉどれがなんなのか解るぞ!!
これは楽しい、取り方もわかるのか
採取してみるか


《採取がLv2になりました》


おぉ採取Lvが上がったぞ
癒し草を10本とれたな
確かこれがHPポーションの材料になるんだよな
まぁいいや
次は戦闘だなどこかにモンスターはいるかな
!!
危な!!
後ろから来るとは
こいつは一角ウサギか
初戦闘にはちょうどいい
ふぅ
気を纏う魔を纏う結構きついな
なら
「速攻で決める!!」
飛び込んで来たウサギの角を横に弾いて
怯んだ隙を打つ
ふぅ強化したお陰で一発だな

ん?
大量の気配がこっちに来ているな
どういう事だ?

《創作スキル気配察知を取得しました》



嘘だろうこの気配全部ウサギなのか?
まさかこのウサギ仲間を呼ぶのか?
逃げ切るのは無理か
完全に囲まれたな
しょうがねえ
おっと挟み撃ちか上体を反らして
避ける
うぉ案外馬鹿なのかな
お互いにぶつかり合って角が折れてるし
おっと後ろから来るのを避けつつ角を持って相手に叩きつける!!
ぐぅ
流石に全部避けるのは無理かなら
気を体内で圧縮して一気に周りに放つ
いい感じだ
周りにいたウサギに吹き飛んだな
強化するか
避けて投げるを繰り返せば
いつか終わるかいや無理だな
まぁやるだけやってみるか
気力操作と魔力操作の応用で気と魔を体内で圧縮して手の平から放つイメージで
「はぁ!!」

《創作スキル気弾を習得しました》
《創作スキル魔弾を習得しました》

よしできるようだ
ならば体当たりは角を掴んで投げて
気弾または魔弾で追撃
密着されたら気の衝撃波で吹き飛ばす
体当たりしかないウサギは数がいても楽だな



大分数が減ってきたこいつらを倒したらひとまず
町に戻るか



帰還したぞ無事に
いや本当に疲れた

《アズマのLvが10になりました》
《称号を獲得しました追加されたのはウサギキラーです》


結構倒したからな結構Lvも上がるか
Lvの上昇は戦闘終了時ではなく町に入った時転で計算されるみたいだな
もうすぐ晩飯か一回ログアウトするか


《アカウント名Ryota1080がログアウトしました》



ふぅやっぱりVRは凄いな本当にリアルだし向こうで3時間プレイしてもこっちでは1時間だし
と下に降りなきゃな


「やっと降りてきたな」
「もうご飯やで」
「わかったー」
「「いただきます」」

おぉ今日は鶏肉の唐揚げか
やっぱりうまいな
さてどうするかな
今日でLvは10だしステータスポイントは30でスキルポイントは40か
とりあえずスキルはMPとSPを補助するのとHPを自動で回復するようにするスキル後は今は保留かな?

「ご馳走さまでした」


よし早速

《アカウント名Ryota1080がログインしました》

ステータスオープン
早速スキルを取得してっと

プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:10
HP:400
MP:300
SP:300
STR:300
VIT:200
INT:100
MND:150
DEX:300
AGI:200
LUK:300

種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒

職業スキル
纒【気】Lv1、気力操作Lv1、纒【魔】Lv1、魔力操作Lv1

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2

HP自動回復Lv1【常時】
HPを自動で回復する、回復速度と回復量はLvに応じて変化する

SP自動回復Lv1【常時】
SPを自動で回復する、回復速度と回復量はLvに応じて変化する

MP自動回復Lv1【常時】
MPを自動で回復する、回復速度と回復量はLvに応じて変化する

創作スキル
気弾Lv1
気力を放つ技、威力はスキルLvと消費SPによって変化する

魔弾Lv1
魔力を放つ技、威力はスキルLvと消費MPによって変化する

気配察知【常時】
周囲にいる気配を察知する

称号
創造神の情愛

ウサギキラー
ウサギを千匹以上討伐した者に与えられる称号
ウサギに与えるダメージを増加する

ステータスポイント30
スキルポイント37

結構強くなったな
スキルポイントは温存して置こう
あとは設定でスキルLv上昇時のアナウンスを消して
情報収集だ!!

「なぁあんた」
「どうした?」
「ここらへんで修行できるところはあるか?」
「修行?強くなりたいのか?」
「おう」
「それならほらこの地図に印してあるとこにいけ」
「わかったありがとな」
「おう別にいいって」
「じゃあな」

早速言ってみるか


ここだな
「すいませーん」
「どうぞ入って来てください」
「失礼します」
「どのような用事でここに来た」
「ここに来れば強くなれると聞いたので」
「そうか、ここは主に格闘家のための道場だ。お前の職業はなんだ?」
「気闘家と魔闘家です」
「なるほど、では今の実力をみてやるかかってこい」
「はい」


取り敢えずまずは一発魔弾を放つか今度は鋭く
はぁ!!
「無駄だ 」

やっぱりか今のは拳に魔力を集中させて弾いたな
なら魔力圧縮しその周りを気で覆い回転をかけながら放つ!!
「ぬぅ」
今の内に回り込んで背後から一発喰らえ
「甘い」
「なっ!」
クソやられた
ウサギの時に俺が使ったやつか
ふふふふ
悔しいな、でもだからこそ楽しい
絶対に一撃いいのをくれてやる
「来ないならこっちからいくぞ!」

!!
当たるかってんだ
やっぱり二段構えだよな
でも今だ気力を限界まで圧縮し乱回転させることにより破壊力をました一撃喰らいやがれ

「やっぱり狙ってくるよな!!」
「ッ!」

気を体内ではなく体外に纏うことによって俺の気弾を受け流したのか
気にはそんな使い方もあるのだな
嫌違うな気の質の差か
もっと気の質がよかったら決まっていた
ならもっと質をあげる

「ッ!」

気で覆う
ぐぅ
大分喰らったがそれでもダメージは軽減できた

「ほう、今のを喰らって耐えるとはな、それに今のも俺が今さっき見せたのを模倣したな、まだまだ未熟だがな」

ばれてたか
まぁいい、大分質は上昇したなら後は魔力で覆って一点集中気を見て放つ

「まだまだやる気だな」

ッ!
速いがまだまだ遅いこの程度バドミントンのスマッシュに比べれば余裕で避けれるんだよ!!
喰らいやがれ

「はぁ!!」
「ッ!」

よし完全に決まった
今のうちに

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!!」
「ウオオオオ!!」

気弾と魔弾で包囲した喰らえ
ギュッ!
ドガガガガガガーーーン

「はぁはぁ今のは今のは危なかったぞ」

気力を足に全力集中!魔力を拳に集中させて!

「ぬぅ」
「ウオオオオ!!喰らえーー!!」

はぁはぁ
もう気力も魔力も尽きた
まだまだ強くなれるな俺は

「見事だよくこの俺に本気を出させたなしかも最後の三連激はかなり危なかったぞ!!」
「俺を強くしてくれるか?」
「あぁ今日からお前は俺の弟子だ!」

《称号を獲得しました追加されたのは天拳に認められし者,天拳の弟子です》

「よろしくお願いします!師匠」
「あぁ少し休息を挟むか」

ステータスオープン


プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:10
HP:400
MP:300
SP:300
STR:300
VIT:200
INT:100
MND:150
DEX:300
AGI:200
LUK:300

種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒

職業スキル
纒【気】Lv2、気力操作Lv5、纒【魔】Lv2、魔力操作Lv5

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復Lv2【常時】、SP自動回復Lv3【常時】、MP自動回復Lv3【常時】

創作スキル
気弾Lv10、魔弾Lv10、気配察知【常時】

称号
創造神の情愛、ウサギキラー

天拳に認められし者

格闘系のスキルのLvが上昇しやすくなる
住民からの好感度上昇
格闘系の創作スキルが作成しやすくなる

天拳の弟子

天拳からの指導時にスキルLv上昇補正
住民からの好感度上昇

ステータスポイント30
スキルポイント37

おぉ結構いい感じだな

「さぁ休息は終わりだ」
「はい」
「そうだなまずは気力と魔力の質を上昇させるか」
「はい」
「まず気力を高めてくれ」
「こうですか?」
「あぁそうだ次は魔力を高めてくれ二つ同時にな」
「こ、うで、すか?」

ぐぎぎ、これ結構きついぞ
気を抜くとすぐに解けてしまいそうだ 

「もうそこまでできるのか、ならそれを気力と魔力がなくなるまで維持するんだ」
「はい!」
「で、その上体で俺と組み手だ」

うぁまじかだけどやってやるぜ

「いい目だ、始めるぞ」

拳を避けて伸びた腕と襟を掴んで背負い投げを

「ッ!」
「そう簡単に投げられるかよ、お前には最初から本気でやるのが丁度いいみたいだ」

な!さっきよりも速いがまだ避けれる
おっとクソ避けるのに集中すれば解けるし高めるのに集中すれば当たる両方に集中すれば中途半端

「どうした?動きが鈍いぞ」

ぐぅ痛いだけど諦めるものか
はぁぁぁもっとだもっと高めてやる
はぁ!!
だんだんなれてきたぞ

「どうした?避けてばかりか?反撃してみろよ」
「言われなくても」

オラオラオラァ!!
ガードを崩して空いた胴に一発そのまま二発
拳を避けて回し蹴り
体制が崩れたらもう一発蹴ってそのまま近づいて殴る
ぐぅ体が動かねぇ

「回復するまで休憩だ」

まさか
ステータスオープン

プレイヤー名:アズマ
種族:鬼神
性別:男
本職:気闘家
副職:魔闘家

Lv:10
HP:389/400
MP:000/310
SP:000/310
STR:300
VIT:200
INT:100
MND:150
DEX:300
AGI:200
LUK:300


種族スキル
鬼神Lv1【常時】、覚醒

職業スキル
纒【気】Lv7、気力操作Lv12、纒【魔】Lv7、魔力操作Lv12

通常スキル
鑑定Lv1、採取Lv2、HP自動回復Lv3【常時】、SP自動回復Lv5【常時】、MP自動回復Lv5【常時】

創作スキル
気弾Lv10、魔弾Lv10、気配察知【常時】

称号
創造神の情愛、ウサギキラー、天拳に認められし者天拳の弟子



ステータスポイント30
スキルポイント37

 あぁなるほどMPとSPがなくなると動けなくなるのか
あとMPとSPは使えば使う程最大値が上がる感じか
たぶんHPもだと思うが


あと何時間だ?
四時間か………


「さぁ始めるぞ」
「はい!」

気力と魔力を高める大分なれてきたな

「よしもっと高めてみろ」
「こうですか?」
「もっとだ!自分の限界以上に高めろ!」
「こ、うで、すか?」

つらいこれを四時間繰り返すのか
だけど成果は出てる
燃えてきた

「よし始めるぞ」

ぐぅ痛いのはなれないなでも
頑張るしかないなだいたい一回10分で休憩は5分だとして1セット15分四時間ぶっ通しで16セットか

「しっかり集中しろ」
「すいません」

















ふぅ疲れた
あのあとは16セット終わらしてログアウトしたんだよなステータスどうなっているか明日が楽しみだ

さぁ走るか
いつもの日課だ風呂に入って寝る前にやっておく
バドミントンは結構体力いるからな
インターバル走だ400m走ったら400m歩くのを1セットとしてだいたい5セットだな

ふぅ疲れた時はやっぱり風呂だな
見も心も癒される

はぁさっぱりした明日も朝早いし寝るか

「おやすみなさい」









「FreeWorldOnline~初めてのVRはレア種族で~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く