話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

元暗殺者の神様だけど、なんか質問ある?

仁野久洋

冷静なる恐怖

 ロックバイターと言う見るからに禍々しい獣が、俺へと一直線に突進して来ている。角が真っ直ぐ俺に向けられているので、まずは串刺しにしたいと見える。さて、どうするかと懐に手を入れるも、やはり愛銃は無い。

「あらん? 意外と冷静だねえ。グレッド、怖くないのお?」

 リンクルがつまらなさそうに指を咥えた。俺に何を期待していやがるんだ、こいつは。

「怖いに決まっているだろう。だからこそ冷静さを保つのさ。無理矢理にでも」

 虚勢など張っても意味は無い。危機回避は状況把握から始めるものだ。従って、まずは自分自身を確認する。それには精神状態も含まれる。

「素直なんだねえ。そんなグレッドには言いにくいんだけどお、あの角を喰らったら間違い無く即死だからあ、ちゃんと避けないとダメなのだあ。グレッドの肉体は、あくまでもただの人なんだからねえ」
「そいつは有り難いアドバイスだ、ありがとよっ!」

 俺は横っ飛びで角をかわした。なんて速度だ。あっという間に距離を詰めてきやがる!

「うえ? 凄いい! 今の、よく避けられたねえ!」

 リンクルがぱちぱちと手を打った。ロックバイターはそのまま反対側の森まで突っ込み、バキバキと木々を薙ぎ倒して姿を消した。

「一応、それなりの戦闘訓練はしてきたからな。この体の鍛え具合もまあまあなのでなんとかなった」

 すぐに立ち上がり、ロックバイターの行方を探る。木が倒れる音は止んだ。やつは今、ようやく勢いを殺し終えた所だろう。そのまま消えてくれれば助かるが……ま、おそらくそれは無い。希望的観測が危険な事は、俺の骨身に染みている。

 しかし、次はどうする? 武器は無い。今度もうまくかわせる保証もどこにも無い。ロックバイターに多少なりとも知能があれば、次は角では無く牙で攻撃してくるかも知れない。そうなれば確実に死ぬはずだ。

 なぜなら、現実世界の軍用犬ですら、丸腰の人間相手では無敵なのだ。人は、犬には勝てない。ましてや、あんな怪物犬相手では。

 死して蘇った数分後にまた死ぬ、なんてシャレにならん。出来れば御免蒙りたいが……そうだ。

「おい、リンクル。さっきのとんでもない力、また使えるのか?」

 あの力が使えれば、ちょっと呟くだけであんな犬コロは蒸発する。ただ、使用制限などがあると問題だ。そこは確認しておくべきだろう。

「んあ? 審判の轟雷? 使えるよお」
「良し。ならば勝ったな」

 思わず口元が綻ぶ。何度も経験しているが、この生き残る道が見つかった時の嬉しさはたまらないものがある。

 だが。

「でもお、そっちに向かって使われるのはまずいなあ」
「何? 何故だ?」

 リンクルはいかにも困ったという風に手で顔を覆った。

「いやあ、あのねえ、そっちにはあ、ほら、この国、ギルハグラン教国のお、聖都があるからあ。あんな超破壊神力をあーんな犬コロに使っちゃうとお、一緒に聖都も灰燼と化しちゃうかもお」
「なんだと? では、どうしたらいいんだ?」

 正直、そんな聞いたことも無い国の誰が何人死のうとどうでもいいが……。

「え? えっとお……あ、また来たあ。とにかくファイトおー」
「おいっ!」

 予想通り、ロックバイターが再び姿を現した。今度は慎重に、じりじりとにじり寄って来る。バカでかい裂けた口から、ぼたぼたと滴り落ちる涎と、ぬめぬめと光る牙は、完全に俺を食物としか見ていない証拠だろう。

「ちいっ!」

 俺は近くに落ちていた小ぶりな枝を拾った。こんな物でも無いよりマシだ。犬の唯一最大の弱点をこいつで突ける可能性も残される。

「おや? ふーん? ふふーん?」

 俺の背後で、リンクルがにぱっと口を開けていた。

 何が嬉しいんだこの野郎。
 もういい。こんなやつは知らん。
 この犬コロをどうにかしたら、こいつも絶対ぶっ殺す!

 そう心に固く誓い、俺はロックバイターに向かって小枝を構えた。

「元暗殺者の神様だけど、なんか質問ある?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く