もふもふを探しています。

小狐

第3話

私はいま私に声をかけてくれた、人に連れてこられたらしい…ガサガサと葉っぱの踏む音が近づいてくる。

「君、足、大丈夫?」

足?そうだ手当をしてもらったんだった。

「はい、手当をしていただき、ありがとうございました」

「それなら良かった…」

なんて優しい声だ…私は寝ていた木の葉のベッドから起きて、もう一度お礼を言おうと立ち上がった。

「あっ」

その人は上半身フサフサな毛。下だけ半ズボンを履き、足には大きな鋭い爪、横に揺れて何かを探り警戒をする尻尾。

虎さんだ…夢にまで見た彼だ…ああっ………ついに私は見つけれたんだ。

彼の名前はルイ。私はルイさん彼に出会えた。

黄色に黒の模様。丸い耳、大きな口。紛れもなく私が探していたルイさだ。

動いてる。

会話をしてる。

でも急に彼の名前を呼んだら警戒されてしまう。

やっと会えたんだもの…名前を呼ばないように気をつけなくっちゃ

本当に彼に会えるなんて嬉しいけど…
それ以上に私には別の衝撃も襲っていた…

何かがおかしい!?

ゲームでの最後のスチル。見つめあって笑うルイさんとカルノの姿……

どうなってる?

カルノとルイさんの身長差だ。悪役令嬢カルノは167センチ、目の前のルイさんは公式発表はなかったけど、見たところ180センチくらい?身長差せいぜい、13センチぐらいになるはずなんだけど…

おかしい…これはバグだ?バグってる?

身長差がおかしい…私と彼の身長かなりちがう…?

いや私だ。私の身長がかなりおかしい?

ルイさんを見上げてる首が辛い、かなり上を見ないといけない…なんでこんなに違うの?

王子に会って転生に気がついて……それから興奮状態ですぐ屋敷を飛び出して来たから…

鏡なんて見ていない…

そう言えば王子と並んだ時に少しだけ、違和感を感じたような、ないような?

確か公式だとマークレ王子は172センチだったはず

まさか私を見て小さいから?子供だと思われた?小さくて迷いそうだから、手を引っ張ってくれたの?

まさかの迷子防止!

ゲームでのカルノはモデル級のスタイルに美貌だったはず、私もそうなるんじゃ無いの?カルノだよ?

でも実際にはそうじゃない…小さい…かなり小さい……これでは前世と一緒だ。前世の私と何も変わってい…

『チビ姉貴はいつになったら、大きくなるんだよ』

前世の弟がいつもの様に言っていたことを思い出した。弟身長高かったよな中学で「170センチになった」とか言って私を見下ろしてた。

前世の私は確か149センチ。同じ?

ええーーーーっ、そのままでこの世界に来たの?胸ぐらいは大きくなってるとかない?

胸を触った…ない、ない胸が無い…つるぺたな上に幼児体型ですか?

嘘だこんなことが起こるなんて、小説にも書いていないよ…私だけバグが起こったの?

顔は?顔も?メガネがないだけ?

黒縁メガネはどこに消えた?ちゃんと見えたから視力は上がってると思う?

髪の色と目の色はカルノと一緒みたいだけど、ただそれだけで後は前世のまま?それじゃダメ、ルイさんに愛してもらえない…

…まさかあれか?

家に引きこもっていたから?暗い部屋の隅で三角座りしてたから?

そのバツなの?神様なんで転生してまで私にバツを与えるの?

「いぎゃーーーーっ」

私はパニックで頭を抱えて丸まった…なんでなんでこうなるの?帰りたい、もうお家に帰りたい。

神様いまからでも遅くないです頼みます。美人のカルノにして下さい、何でもします肩をお揉みしますから……。

自分の容姿に驚き、いきなり叫んでしまった私……そんな私の近くに影落ちた。

「君、どうしたの?大丈夫?」

ルイさんが心配で来ちゃった。

見ないで……こんな私を見ないで、美人じゃ無いの、幼児体型の、ちんちくりんなの……
 
その時の私は自分の事で精一杯で彼の事を考えていなかった…彼の沈んだ声が上から聞こえてきた。

「俺の姿を見て固まったけど…俺の事が怖い?」

「えっ?」

「そうだよな、ごめんね、俺は獣人だから怖がらせた」

違う違う、全然違う、私なの私…

「あなたが怖いんじゃないの。違うの、あのね、そのあれよ。恥ずかしんだけどコルセットがね、コルセットがぎゅっと、キツくなって驚いただけ」

「へっ、コルセット?」

何だよそれ…

ルイさん変な顔しちゃってんじゃん。ちょっと私、慌てて出たのがコルセットって……私のバカ

「そっか…大丈夫?キツイんだよね」

「はい…そう…コルセットがキツイんです……」

そう言うと「そっか、どうする?」あやや…ルイさん真剣に悩んじゃった。

恥ずかしいよ。この格好もさらに恥ずかしい、丸まってルイさんに好きな人にお尻ってないよ……

「君はその…ドレスを脱ぎたいよね」

「はい、脱ぎたいです」

「うーん、わかった。そのファスナー外す?あっ、ちょっと待ってて」
 
ルイさんは洞窟の奥に走って行った。しばらくすると…

「これしかなかったから、これでいいよね」

と声が聞え、戻ってくると彼は私に綺麗な男物のシャツを貰った。

このシャツどこも汚れていない、どうして洞窟の奥から持ってこれたの?

「このシャツ?」

「それは秘密」

ルイさんがそう言って微笑んだ。

「もふもふを探しています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く