小人のメイドと送る異世界ファンタジー

EZISON

おかしくなった家

  知っている天上、知っている部屋、知っているベッド、間違いなくここは、俺の部屋であっているはずなのに窓から見える景色に見覚えがない。更にベッドの上にいる人物に見覚えがないどころか空想の世界やおとぎ話でしか見たことない生物がいて、余計に思考が狂う。

 「これは、夢だきっとそう、だから二度寝しよ。」

  「るる、ご主人様ったら急に怠け者になってしまったわ。どうすればいいかしら。」

  「姉様、きっとご主人にもわ疲れてるんですよ。昨日あんなにも勤勉に夜遅くまで働いていたんですから。」

  「きっとそうねあんなに遅くまでゲームしてたら疲れるのも当然ね。」

   「いやこれは夢じゃないだろ!俺に自虐趣味はねぇーしこんな小ちゃなメイドに罵られる夢とかどんな趣味だよ。これはあれだな、昨日遅くまでゲームやってたから脳が疲れたんだな。」

  「あら、ご主人様ったら気が狂ってしまったのかしら」

   「ご主人様気が狂ってしまいましたか?」

  「気も狂ってないし至って平常だよベッドの上の子の光景を除いて」

   そう彼の自室のベッドの上にはメイドが二人もいた、おかしな現象は、それだけではない。なぜなら二人は、 手のひらサイズだからである。  

   「ところで君たち誰?」

  聞いたところこの世界には、巨人族と小人族がいるらしい。この世界は五つの大陸があり。それぞれに巨人族の長が一人いるようだ。
  その長がその大陸を広げるために。各大陸の長にゲームを仕掛けているまたいだ。 
  その方法は、世界各地に繋がるグローバルラインというインターネットのようなものでの戦略シミレーションゲームだそうだ。そして俺が今いるこの場所は、そんな五大陸に属さない絶海の孤島に住んでいるらしい。昨日夜遅くまでやっていたゲームとは、どこにも属さないこの土地をいち早く手に入れようと挑んできた相手を返り討ちにするためにやっていたものだという。
     更にこの手のひらサイズのメイドたちは、村が獣に襲われ、壊滅状態になってしまい。森へ命さながら逃げ出しそこを俺に拾われ今に至るらしい。

  「ご主人様は、記憶が曖昧らしいから改めて自己紹介するわ」

 「私が次女のリリよ、今は、部屋の掃除とご主人様の就寝関係のお世話をさせてもらってるわ。」

 それで起きたらベッドの上にいたわけか。じゃぁそっちの子もかな?」

  「はい、私わ三女のリリです姉様と同じ仕事をしています」

 他にも長女にララ四女にレレ末っ子がロロだそうだ。

 「名前適当かよ!」

 「何を行ってらっしゃるの?私たちの名前をつけてくださったのはご主人様よ」

  「名付け親俺だったー。ネーミングセンスのなさまで似てんのかよ」  

  そんな朝のやりとりを終えララたちが作ってかれた朝食を食べに部屋を出た。

「小人のメイドと送る異世界ファンタジー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く