話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある快晴の日の運命の

ノベルバユーザー246831

プロローグ~とある快晴の日に~

赤く、深い、煙の底。
動かない体。
どこからか聞こえる声。

秋風の涼しい快晴の日の。
突如として訪れた運命闘いは。
赤黒い幕で終わりを告げた。

「とある快晴の日の運命の」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く