友と創りあげる異世界最強宗教

ほむっち

第零章<転生>

8月15日
俺は空港で遅刻魔の親友を待っていた。彼の名は大泉勝男だ。小学校からの仲でずっと共に過ごしてきた唯一無二の存在だ。こんな事を考えていたうちに時計を見ると搭乗時間が刻一刻と迫ってきた。自分がそう焦っていた時遠くから人影が見えてきた。大泉だった。
(はぁ~30分も遅れてるぞあいつ)すると「よぉ海崎待たせたな」と言われ、自分はあいつに遅れた理由を聞くことにした。「遅すぎだろお前何してたんだよ」俺は飽きれるように言った。あいつはその質問に対して平気な顔で言った。「家でさぁアペンチーズ見てて遅れたわすまん」確か俺の経験ではあいつは小学校の時にも学校の遅刻理由で「アイロンマンを見て遅れた」と担任に言っていたのを覚えてる。だから俺は何も聞かなかったフリをして走って搭乗口に向かった。
あぶねえ~ギリギリセーフ俺達は無事に飛行機に乗ることが出来た。

飛行機が離陸してから30分後
俺は居眠りをしていたら....急に機長がアナウンスをかけた。「この飛行機はまもなく墜落します。もし寝ているお客様がいたら至急起こしてください!!!」俺は慌てあいつを起こそうとしたが爆睡してて起きない(こんな緊急時によく寝てられるな)そう思った途端...





突然俺の視界は真っ暗になった。..........

「友と創りあげる異世界最強宗教」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く