その科学は魔法をも凌駕する。

神部大

第78話 インターバル



「……そんな、通らないなん―――はっ!?」



両手で大剣の柄を握りしめたまま膝をつく青年。それを嘲笑うガーゴイルの声に打たれたか、青年の剣は悲しき亀裂音と共にその刀身を二つに分けていた。



「お、俺の、両手直剣ツインクライブが……折れ……馬鹿な!ガーゴイル風情に……俺はこいつでインプも、メデューサも斬ってきたんだぞ、それが……こんな、一体」
「フハハハッ!そうか人間。インプにメデューサ、それはいい!もっと抗え、もっと憎め、我等ガーゴイルはそれこそを求める!今や我はヴァンパイアをも超える闇魔力が体内で渦巻いているぞ……シェイプと言ったな、我等悪魔族ガーゴイルを統べるのは最早奴では無い!我ダァァッッ」


「不味いっ、逃げろ!そいつはただのガーゴイルじゃないッ」




真の隣でそう叫ぶ女剣士。
その声が青年に届くより早いか、ガーゴイルの雄叫びと共に紫檀色の波が奔流となって青年を襲っていた。


数瞬の間、その情景にただ見入るしかなかった真と女剣士。
禍々しいその霧とも煙とも呼べる波動が漸く収まった時には、先程まで輝いていた青年のブロンド髪が色素を完全に失い白色と化した後だった。


青年は生気を失った様にその場へ声もなく崩れる。




「くっ、やはり……あんな魔力は見た事もない、あれがガーゴイルだと言うのか」


「ふふ、ふはははは!!凄い、凄いぞ!力が、漲る……!次はさて、お前達の心魔を頂くとするか」



首を再び此方へ捻じ戻す新生ガーゴイル。
そんな魔族の不気味な笑みとは対象的に、女剣士の顔は悲痛に満ちていた。

だが刹那、ついに目の前の悪魔と相交える覚悟を決めたのか女剣士は自らの直剣を両手で握り締め直すと、一つ息を吐く。


「恐らく同じのが来るぞ、タイミングで合図したら両側に散開。一気に叩く!」


「……我に下るがいいッ、人間!!」



女剣士の言葉に視線で了解の合図を送り、ガーゴイルの動きにのみ注視する。
咆哮轟かせ、ガーゴイルは背筋を一度伸ばすと小刻みに背中の翼を震わせた。


そして――

「今だッ!」



女剣士の声を耳に入れるとほぼ同時、真は加速アシストにより即座にガーゴイルの右側面へと身体をスライドさせた。
真と逆側に散開する女剣士の姿がガーゴイルの放つ再度の薄闇色の波動に遮られる。


タイミングはベスト、ガーゴイルの死角へ踏み込んだ足の勢いを反発させる様にして二人は目標であるガーゴイルへ渾身の斬撃をお見舞いすべくその刃を振るった。



Cの元素をありったけ収束させた真のダイヤモンズドエッヂ。
自然単元素として収束させる事の出来る刃としては真の知る限り、アンドロイドキルラーの超合金をも斬り裂く最強硬度を誇る。
それは地球上で存在しうる生成物としての硬度は一番とは言えずともトップクラスに間違いはない。



「ぐっ……く、かっ!」



だが真の繰り出した渾身の一撃。

そのレスポンスはいつかに真がトラウマとなりかけた右手首の骨折、そして別意識の様に動くガーゴイルの紅い視線であった。


真は折れた自らの手首を見る事無く、その刃が対象に通らないと即座に判断する。

収束させた元素を解除しながらガーゴイルの黒く艶めく胴体を足場に背後ヘと一旦飛び退った。



「ハァッッ」
「小娘がァッ!!」



真の向かい側から斬撃を繰り出していた女剣士の方はどうやらガーゴイルに一太刀以上を見舞っていた様であったが、引き際を誤ったか一撃目の動作を終了させたガーゴイルの怒りを一身に受けて数メートル弾き飛ばされている。

だが女剣士はそれでもまだと、舐めた地面から必死に態勢を整えようと痛みに抗っていた。




たったの一撃で瀕死に近づいた女剣士に、だがガーゴイルはその禍々しい漆黒の体躯を一歩一歩近付ける。

ガーゴイルにそんな怒りを帯びた気色を与えたのは間違いなく先程の女剣士が浴びさせた剣撃による物だ。

それを現す証にガーゴイルの進む道筋にはブルーオーガを葬った時に見た根岸色の血液が滴っていた。


しかしガーゴイルの裂傷口は、真が折れた手首の位置を戻している時間よりも短い数刻の間に塞がりつつあった。


「忌々しい人間共が。低俗な物を造り我等に勝ったつもりか……この程度では今の私を倒す事等永久に不可能」

「ぐっ…かっ………」


「ふふふふ、アァァハッハッハ!!」




ガーゴイルが上げた腕の動作に合わせ宙へと浮かびあげられる女剣士は、露出された透き通る程の白い四肢を苦痛に喘がせている。


どこからか現れた金髪の青年は折れた自らの愛剣の元で倒れ、異世界の少年他五人の選手達も視力を失った恐怖から必死に壁を伝いながら逃げようと必死。

事態は最悪とも言えた。



単元素収束、地球の科学で作り上げた超高強度分子ですらこの魔族には通用しない。
恐らくは魔力とやらでなければ駄目なのかもしれない。
それも多少の物ではなく膨大な……言うなればそれはルナの使う様な魔力の類でなければ。


ふと真は視線をルナの居る筈の観客席に向けると、そこには恐怖に打ち震えながらも自らの杖を翳すルナ=ランフォートの姿があった。




「ルナ……」


真の聴覚に薄っすら届くルナの呟き。
聞き慣れた魔力を放出する際の集中、詠唱の様に紡がれる言葉。



「魔力よ……風の魔力よ火の魔力よ、力を貸して……火風の舞ファイアサウンドぉ!!」




直後翳された杖先端に付く黒き球体が輝きを放ち、ルナの詞を誘因にして大蛇の如き炎の渦が真の視界を横切り突き抜ける。

それは正に生きた大蛇の動きで標的をガーゴイルと見定め、その背から全身を焼き尽くすように覆っていた。


研ぎ澄まされた真の鼓膜には、うわ言の様なルナの小さな喜びの声が確かに聞こえていた。



燃え盛る焔は今も尚ガーゴイルを火達磨にし、宙に浮かされていた女剣士はそれにより不可思議な呪縛から解き放たれた体を地面に辛うじて着地させる。


だが真の胸に芽生える危機感にも似た戦場の昂ぶりは、未だその鳴りを一向に鎮めようとはしていない。
それはまだ戦闘が終わっていないと言う警鐘を真の長年の戦闘経験が鳴らしているのだ。

女剣士も同様な事を思っているのか、喉を摩りながらも訝しげなその視線は炎に包まれるガーゴイルを見詰めて離さない。




(くそ、不味いな……)



真はそんな状況に一抹の不安を抱きながらも自分がすべき行動に頭を巡らせていた。


ルナの放った魔力で倒せないとなれば、ガーゴイルのヘイトが次に向かうのは恐らくルナ。

ルナを庇う為、即座にデバイスからブーツへ反発応力信号を発信するべきだ。
だが真はそんな咄嗟の動作を躊躇っていた。真を迷わせた理由はたった一つ、元素収束の刃が通じないと言う事。


かつて地球で数多の戦闘兵器を斬り伏せてきたその技術はここ数日のこのおかしな世界でも通用した筈だった。

初めて異界の生物ブルーオーガに相対した時は多少なりとも危惧していた筈の事だが、それを意図も簡単に斬り伏せた事でいつしかそれが当たり前と感じていた真。

だが今この状況でルナの前に踊り出たとして、自分に何が出来るのかと考えてしまったのだ。



選択肢は限られている。
身を挺してルナを庇うか、他の方法で魔族ガーゴイルに立ち向かうか……この形勢に乗じて、逃げ果すか。



真のスピードを以ってすればここから脱出するのは容易いだろう。ガーゴイルの目が真に向く事は恐らく無い。


元々真とてこんな世界に興味等無かった筈だ。

ただ仕方無くこの地に飛ばされ、誰の目もなく真は任務を放棄せざるを得なくなった。
そして次に真が定めた目的はこの地での安住。誰と関わるでも無くただ漠然とその身が果てるまで生きる事。


だが細胞活性酵素を移植された真にはそもそも普通の死など在り得ない、この身は結局戦いの中でしか果てる事を許されないのだ。



(ふっ、馬鹿らしい……元々捨てた命じゃないか、今更何だ)



真はそこまで考えた所でふと自嘲していた。
今の自分には護るべき、夏樹と同じ運命を辿って欲しくないと思える人間がいる。

そして目の前で震える足に鞭打って自分より遙かに強大な相手に立ち向かうのは自分を神の様に崇め、世界を救う勇者だと誇大する少女。


ここで自分だけ逃げる等と言う選択が在るだろうか。


愚問だった。
自分は別に正義の味方でも物語の主人公でも無いが、ただ目の前の人間を武力から守る事の1つ位は出来る筈だ。


己が為に身に付けたこの力は今目の前の人間の為に。


真は唯一治癒に多少の時間が掛る折れた手首を摩りながら、想定通りに消えゆく炎の渦から見え隠れする怒りに満ちたガーゴイルを見据えていた。

「その科学は魔法をも凌駕する。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く