異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人の可能性

「私が、人間の時に証明出来なかった人間の可能性を示してくれるのだろう?ならば私にそれを示せ。それだけの話だ」


「本当にお前のご期待に応えられれば俺の頼みを一つと、マリアルと俺を殺さずにいてくれるんだな」


「ああ。聞いてやるとも」


 クウは理人に約束し、理人はマリアルの杭を受けて倒れ込んでいたが壁に寄りかかりながら立ち上がる。


「なぁ、あんた。今更だが名前を教えてくれよ」


「本当に今更だな。しかし先程名乗ったはずだが。まぁ仕方ない。私の名はクウだ」


「そうか。クウ。あんたには憧れはあるか?」


 理人は急にクウに尋ねる。クウは理人が意識はもうろうとして世迷言を話しているのだと思い理人の質問に答える。


「憧れか。私も昔はそんな事があったな。人間の時、そして奴隷となって絶望していた時、私を立ち上がらせてくれた人を私は心の底から尊敬していたな」


「人間誰でも憧れはある。そして俺はその人に追いつこうと日々頑張っている。何度も失敗を繰り返し、何度も教えられた。そう俺は恵まれているのだ」


「死にたくないからか?急にお前は何を言い出している?意味がわからないぞ」


「ふと思っただけさ。それじゃ、今可能性を見せてやる。確かに人間は非力で弱い存在だ。だがこの世界に来て、能力に目覚めて、俺は鍛えるべきは武術だけではなく、異能力も鍛えねばと」


「早くしろ。いい加減にしないと殺すぞ」


「俺の御託は終わったよ。さぁ俺の能力でクウ、あんたを倒す!」


 理人は鏡パネルを一つ出す。


「先程から私を阻む壁を出して何をする気だ?」


「これをこうするんだよ!」


 理人は鏡パネルをさらに出現させ、鏡パネルは4枚となりクウの頭上に浮かぶ。


「何をするつもりだ?」


「行くぞ・・・。フラッシュ!」


 クウの頭上に浮かぶ鏡パネルが光り出し、クウの視界から光を奪う。


「がぁぁぁぁぁ!何が人間の可能性だ!こんなもの、ただの目くらましではないか!」


 目を抑えながらクウはいい、目を抑えているクウに理人は自分の目の前に鏡パネルを出す。


「これが可能性だよ。お前が素直に受けてくれるとは思わないからな。くらえ!フラッシュブラスト!」


 鏡パネルから光の光線が放たれ、クウの腹に命中し、クウの腹に穴が開く。


「ご!こ、これは、確かに、いい技だ。これが、人間、の、可能性か・・・」


 クウは仰向けに倒れる。理人はフラッシュブラストを放ってクウが倒れたのを確認すると地面に寝っ転がる。


「はぁはぁ。な、なんとか勝てた。だが奴が、クウが油断していなければ俺は今頃・・・。情報は聞きたいがこれ以上ここにいるのは危険だな。少し休んでからマリアルを連れて撤退しよう。ガイ、もしも捕まっているのならすまない」


 理人はそれだけいい残すと少しと言わず、長く休んでいた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く