異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

モンスター牧場

 理人は奴隷の管理場を見て驚く。中に人はおらず、全てモンスターであった。


「こ、これは。なぜ街の中に、こんな街中の管理場にこれほどのモンスターたちが・・・。ここは奴隷管理城じゃないのか!」


 理人はかなり驚き、マリアルもその光景を見て理人の後ろでまた震えていた。
 奴隷管理場にはガイアラーの森で出現するモンスター、マールン草原で出現するモンスター。そして見たことのないモンスターがウジャウジャと管理場の中を歩いていた。


「これはこれは。どなたかは知りませんがここは立ち入り禁止ですよ」


 理人は声のする方を向く。理人が向いた先には1人の男がゆっくりと理人のもとに向かって歩いていた。


「だ、誰だお前は!一体これはなんだ!なぜこんなにたくさんモンスターをこんな街中の建物に放りこんでいやがる!」


「質問は一つずつにしてください。私の名前はアルディン・スラ。知っているかは知らないがパールという男は知っているか?」


「パール?そんな奴は知らないよ俺は」


「そうか。すまないな話をそらして。ここは奴隷管理場だ。モンスター管理場ではないぞ?」


「何を言う!中にこんなにモンスターがいるじゃないか!モンスター管理場じゃないならこれはなんだ!」


 アルディンに理人は尋ねる。アルディンは面倒くそうに答える。


「はぁー。モンスター管理場ではないと言っているんだからそれでいいだろう?なんだもしここがモンスターを管理しているところだとしたらお前に何か悪いことでもあるのか?」


「確かに俺には関係はないかもしれない。だがこれは流石に見逃すことはできない」


「見過ごすことは出来ないか。ならば仕方あるまい」


 アルディンは腰にかけていた剣を抜き、理人に向ける。


「見られたからには始末するしかあるまい。見た貴様が悪いのだからな。前にここに訪れた金髪の生意気なけんしとおなじようにしてやるよ」


 アルディンは金髪の剣士というと、理人はアルディンに尋ねる。


「お前。金髪の剣士とか言ったな?まさかそいつの名前はガイという名前ではないだろうな!」


「どうだろうなー。弱すぎて覚えてねぇや!」


 理人も剣を抜き、後ろにいたマリアルに


「お前は入口の方にいろ!流石に戦闘になるとかばいきれないからな。わかったか!」


 理人はマリアルに言うとマリアルはびくびく震えながら


「嫌だ!わたし近くにあなたがいないと怖くて怖くて耐えられない!お外は怖いから・・・」


「・・・なら邪魔にならないようなところにいろ!」

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く