異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

造形

「そ、そうだ!情報をやるから私の氷を解いてくれ!」


「情報だぁ?それは私にメリットのあるものか?」


 アスラスはカルナクに聞くが、アスラスはなんの情報でメリットを感じるかわからないカルナク。
 まぁ当然である。


「ほらほら。なんの情報をくれるんだよ。え?ほらほらほらぁ!」


「わ、私の仲間!それでどうだ!」


 カルナクは自分の味方についての情報を吐くといい、アスラスはカルナクに聞く。


「私が聞いてメリットがあるなら氷は解いてやるが君の話を聞いて私にメリットがなければ君はこの城の氷の彫刻となるのだ。それでよければ聞いてやる」


「く、う。ならば氷の、氷の魔王将さんはなんの情報をごしょうもうなんだ!」


 カルナクは軽く叫ぶ。もう冷気が身体中に伝わり首から下の感覚がほぼ麻痺していた。


「私は別に君たちには何も期待していない。君たち羽虫が何をしようが私を倒せるわけがないのだからな」


「では私が、私がお前に情報を話しても、意味はないじゃないか!」


 カルナクは必至のあまり、アスラスを怒鳴る。


「なんだ自分は死ぬ覚悟をしていたんじゃないのか?先程逃したやつの時間稼ぎのためにそういう嘘をついているんじゃないのか?君は?」


 アスラスはカルナクに言うが、カルナクは思考が少し停止していて自分が助かるようなことしか考えておらず、オミコのことはすっかり忘れていた。


「さ、先程、逃したやつ?誰だっけ?」


「ふっ。もう頭が回らなくなってきたか。だがこのまま死なれても少し面白くないな。今回は私の気まぐれで君にチャンスをあげよう」


 アスラスはカルナクに触れて、カルナクの体の凍りついた部分を全て解除する。


「は、はぁ、はぁはぁ」


 カルナクは自身の氷が溶けると息だえだえでその場に座り込む。


「一応、心配はしてやる。大丈夫か?」


「大丈夫な、わけ、ない。私はもう、体の感覚が今なくて、立てない」


「そうか。では羽虫くん。君にチャンスをあげると言ったね。そのチャンスは」


「そ、その、チャンス、は?」


「先程逃げた女を始末しろ。そしたら君は生かしてあげるよ」


 アスラスはカルナクに言い、カルナクは下を向いて考える。
 そしてアスラスはカルナクがオミコを始末しようとした瞬間、氷漬けにしてやろうと考えていた。


(さて、君はこれでどう動く?自分が助かるためにあの女を殺すか、それとも私に大人しく凍らされるか。どのみち君はここで死ぬんだけどね。あっはっは!)


 アスラスは心の中で笑っていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く