異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

適正者

ガイリとプルプレをテムルナは帝王の間まで担いで行く。
 帝王の間、扉の前に着くとテムルナは大きな声で呼びかける。


「ダーランマさんよ。アワリオからの頼みでこいつら捉えてきたぜ」


 テムルナは帝王の間扉前で言うと扉が開く


「アワリオから?誰をとらえてきたんだ?」


 帝王の間に入ってきたテムルナにダーランマは聞く。


「この侵入者とついでに侵入者を助けようとした女」


 テムルナは乱暴に2人を地面に投げつける。


「くっ!はぁはぁ」


 ガイリの方は腹部からの出血が酷い。


「おい。なんで2人とも死にそうな顔してるのにこっちまで連れてきたんだ?」


「いや、アワリオのやつにそう言われたから」


 ダーランマは「はぁ」と思いながら


「とりあえず先にアワリオのところに連れて行け。治ってからこいつらと話す。プルプレはできれば早く治して拘束しながら連れてきてくれ」


 ダーランマに言われたテムルナは2人を担いで急ぎ帝王の間から出て行く。


「全く、あいつは言われたことしかできないのか。普通あんな死にかけを私のもとに連れてこないだろう。まぁ回復魔法も私は使えるが・・・」


 ダーランマはテムルナが出て行った後1人呟く。


「しかしあいつが捉えられたのなら・・・。」


 ダーランマは映像の魔法を詠唱しある女を呼ぶ。


「おい、貴様の部下を捉えるのを一度やめて大至急帝王の間へと来てくれないか?」


 女はその場で頷き、映像の魔法をダーランマは消す。


「さてそろそろ君の役割を果たしてもらうよチリー女王」


 帝王の間にいたチリンにダーランマは言う


「ではまず何からすればいいのに?」


「まずは口調だ。お前は女王なのだからもっと偉そうに喋れ」


「偉そうに?。・・・靴を舐めなさいとか?」


 ダーランマは聞いていてぶふっと吹く。


「そんな女王など期待してない!全く・・・」


 コンコン


 帝王の間の前のドアを誰かがノックする。


「誰だ」


 ダーランマは訪ねる。


「先ほどおよびされたのでちょっぱやできましたわ〜。ダーランマ様ん」


「来たか。入ってこい。ダルキリア」


 帝王の間に呼ばれ入るダルキリア。


「プルプレをとらえなくていいとはどう言うことですか〜。私が彼を捉えないとダーランマ様私の相手をしてくれないんでしょ?」


「プルプレならもう捉えた。そして貴様には新たな役割を与える」


「え?」


 ダルキリアは信じられないような顔でダーランマを見る


「プ、プルプレが捕まった?」


「ああ。さっきあるやつが連れて来てくれたよ。今は大怪我だから会えないぞ」


「・・・私に与える役割とは?」


 ダルキリアはプルプレを内心心配するが出来るだけ悟られないよう役割についてダーランマに尋ねる


「この新たなる帝国の女王、チリーをいっぱしの女王に変えて欲しい。主に言葉などを正してやってくれないか?」


 ダルキリアはダーランマの前にひれ伏し


「その役目謹んでお受けさせていただきます」

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く