異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

回る者、監視する者

 イナハルが目を覚ました頃、ガイアラン皇国の会議では


「では今回の会議の議題、他の村や国に助力を求めるやつとアムライ7の監視者を決める。まず監視者にあたっては・・・」


「待ってください王よ!指名手配と言いながら監視に変えてくれたのはまだ嬉しいですがなぜ監視をする必要があるのですか!」


 王は会議室のテーブルをダンッ!と叩き


「いいかアルダス。これが一番の処置なんだよ。これ以上ゆうなら捕縛するぞお前を。わかっているとは思うがお前を会議に参加させているのは今までの功績あってのことなのだぞ。少しはわきまえろ」


 ガイアラン王はアルダスに言う。怒りをあらわにしていたガイアラン王だが、流石に怒鳴りはせず静かに怒っていた。
 これ以上は無理だと感じたアルダスは意見を述べるのをやめた。


「すまぬ皆。取り乱してしまった。話の続きに戻ろう。まず監視者だがアルダス以外の誰かに頼む。」


「それは・・・」


「これ以上意見するならこの会議室から出て行くといい。お前の意見でいちいち提案をかえるわけにはいかないのだ。」


 何度もガイアラン王が意見を出すごとに何度も口を挟むアルダス。
 いい加減うんざりしてきたガイアラン王は面倒臭くなり、邪魔をするなら出て行けと言う。
 アルダスはそれを言われると流石に黙ってしまった。


「今度こそ。アムライ7の監視者はアルダス、鏡理人、ガイ以外で決めよう。誰が適任だと思う?」


 ガイアラン王は会議室にいる理人たちに聞く。
 そこで理人は


「待ってください。ガイアラン王。失礼ながら意見させていただきます。どうして私とガイもダメなのですか?」


「そなたとガイは今もアルムの屋敷に住んでいるらしいではないか。そんな奴らの意見など信用できんよ。」


 「では誰を向かわせると言うのですかガイアラン王よ」


 ガイアラン王に聞く理人。ガイアラン王はもともと決めていたかのように指名した。


「ヴラドリオ殿はどうだろうか?彼は外部の国から来たものだからまだ信用はできる。」


 ガイアラン王は会議に呼ばれて、参加していたヴラドリオに聞く。ヴラドリオの返答は


「ご指名はありがたいが私にはやることができた。よってその命令に従うことはない。」


「何と。そうなのですか。まぁ外部の国のあなたが強制的に私の命令に従う理由はないのでな。ではこの者はつかいたくなかったがまぁ仕方あるまい。ある意味適任だろうしな。」


 と言ってガイアラン王は会議室にいたある人を指す。


「ダーラス。アムライ7の監視頼むぞ」


「えっ?私ですか?」


ダーラスは自分に言われると思わなかったのか、命令されてから少し驚いていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く