異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

奴隷たちの反乱 後編

「成る程何故お前のような奴がこの管理人を任せられているのかわかったぞ」


 イチの正拳をかわした管理人にイチは言った。


「ほう。奴隷のくせにわかるのか。ならその奴隷の推理を聞いてみようじゃないか。できるだけ手短に答えよ」


 イチは管理人の質問に答えた。


「まず一つはお前の能力、おそらくはお前の問いに強制的に答えさせるものだろう。今の我のように質問には必ず答えねばならぬ事。そしてもう一つはお前が一応戦闘経験ありという事だ」


 管理人はイチの推理を聞くと感心していたのか拍手していた。


「奴隷ナンバー1よ。君は意外と頭がいいのに何故売れようとしない?売れればお前はここから出れて頭のいい奴に買ってもらえるのかもしれないんだぞ?」


「お断りだ。我は買ってもらうような器ではない。逆なんだよ。我が奴隷を管理するんだ今日からな」


「イチ、君は今日世迷い言が多いな。オークションまで時間がない。今日君は落選だ。さぁさっさと舞台から降りろ」


 管理人はイチにそう言ったが、イチは舞台から降りなかった。


「降りろと言っているだろう早くしろ!」


「何を言っているんだ?もう我はここの支配者だ。お前の命令なんぞ聞くものはおらぬよ」


「何をバカな。おいそこの奴隷、次はお前だ。かなり時間をロスさせたこいつを殺せ。そうすればお前はオークションに参加させてやる」


 管理人は舞台の上から適当に奴隷を1人指差し、イチを殺すように命じた。
 だが管理人に指を差された奴隷は


「何故あなたの言うことを聞かねばならぬのですか?」


 管理人は何故言うことを聞かないのか分からなかった。


「さて、我も早く済ませたいのでな。我々の反乱、敵は管理人であるお前だけだからな。安心して死ぬといい。今度は避けるなよ?」


 イチはまた管理人に正拳を放った。もちろん管理人は避けた。


「死ねと言われて素直に殺される奴がどこにいると言うのだ。こうなれば私の能力で・・・」


「いや〜。それは困るよ管理人さん。さて交渉と行こうか」


 いつのまにかミンゴは舞台の上まで上がり、管理人の近くまで来ていた。


「貴様いつの間に!」


「そんな事はどうでもいいんです。全く、我らの新しい王があなたにせっかく慈悲を与えて一撃で殺してあげようとしているのに。これ以上はお手を煩わせてはいられないので私が済ませます」


「クッ!」と言って管理人はミンゴにイチの殺害を命じようとした。
 だがその前にミンゴが管理人に対して能力を発動した。


「管理人さん。ここの所有権は奴隷ナンバー1に譲ってくださりますね?」


 管理人は何かにかかったかのように意識が朦朧としており、ミンゴの問いに


「はい。ただでお譲りいたします」


 と言わせた。その言葉を言った後、管理人は意識を取り戻したが時はすでに遅かった。


「パンッ!」っと音を立て管理人の顔面は木っ端微塵に吹き飛び体だけが残った。


「これでこの奴隷管理場は我々のものだ。奴隷のみんな我のもとへと来るがいい。抑制の腕輪を外してやる」


 イチがいる舞台へと1人ずつ奴隷は上がっていき、ヨクにしたようなやり方で腕輪を破壊した。


「これからは我がここの王だ!今こそ我が名を告げさせてもらおう!我が名はパルディ・ガイアランだ!」


 こうして奴隷管理場の管理人だった男は死に、奴隷管理場の新たな王は奴隷のイチ、新ためパルディ・ガイアランとなった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く