異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

豪炎

弓道寺の反撃でパンチをくらったアムライは2メートルくらい吹き飛んだ。


「ありゃ?やり過ぎっちゃたかな?師匠〜生きてる?」


 弓道寺はアムライを飛ばした方角に向かって大きな声でアムライの生存確認をした。すると、かわりに炎が弓道寺のもとへと帰ってきた。


「まだ炎出せるってことは余裕なんだな師匠。よし今行ってやるよ!」


 弓道寺は動きやすい体制をとり、


「肉体強化、脚力3倍、よし行くぜ!」


 弓道寺は脚力を強化し、飛んでくる炎が当たっても勢いでほとんど威力が弱まり、弓道寺にアムライの炎はきいていなかった。


「師匠み〜つけた。さてそろそろ降参しないと本気で殺してしまうよ?」


 弓道寺がアムライを発見した時、アムライは背中を木に寄った状態で立っていた。


「その体勢じゃさっきの私のパンチ結構いいところに入ったっぽいですね」


「くっ!舐めるな。私はこれでもアルム家当主で過去最大の強さを誇るものだぞ!この程度でくたばってたまるかよ!」


 アムライはそう言って禍々しい腕の方で構えた。


「火柱!」


 弓道寺に向かって火の柱が地面から現れた。


「おっと!危ない危ない、足の強化を解いてたら今やられていたよ」


 地面から現れた火の柱を弓道寺は思いっきり上に飛びかわした。火の柱はそれほど高くは伸びず、弓道寺が上昇した高さまで届くことはなかった。


「こんだけ高く跳んだならやるかな・・・。流星蹴り!」


 弓道寺は、流星のようにアムライに向けて蹴りを放った。


「あんなものくらえばさっきよりもやばいな。ならばこうしよう」


 アムライはまた禍々しい腕を構え、


「形状変化、盾!」


  アムライは禍々しい腕を盾状に変化させ、防御態勢に入った。
 そして、蹴りを放った弓道寺がアムライの近くまで接近してきた。


「そんな盾で私のこの流星蹴りが受け止められると思うなよ!」


 弓道寺が飛んだ高さは雲より上だったのでその分威力があるのでアムライの盾では受け止められないだろうと弓道寺は思っていた。


「あまり私をなめてもらっては困る。本当はまだこの力は使いたくはなかったんだけどな。これを使えば制御できずに目的以上のことをしでかすかもしれないからな。だが加減していてお前にやられるくらいなら本気でやってやるよ」


 アムライは弓道寺の流星蹴りを止めた。


「!?。何!あれだけの高さから放ったのに止めただと!」


 弓道寺は驚き、そして足が離れないことに気がついた。


「何故私の足が盾から離れないこれはおかしいだろう!」


「調子にのった罰だ。片足燃やさせてもらうぞ」


 アムライは腕から弓道寺の片足に火を送った。


「ふん。この程度で私の足は燃えたりはしないよ」


「そうか。じゃその愚かさを後悔するがいい・・・。業炎!」


 アムライが業炎を放った瞬間、弓道寺の片足だけ瞬時に燃えかすとなった。


「ぐぁぁぁぁぁぁ!私の片足が!」


 弓道寺はあまりの痛みのあまりに転がりまわっていた。


「うるさい。寝ていろ」


 アムライが弓道寺の腹を思いっきり殴り、弓道寺は「ぐふっ」と言い気絶した。


「さて、では皇国へと向かうか」


 弓道寺は片足を燃やされた後、気絶させらとどめを刺されず、その場に放置された。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く