異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

怪我人治療

ダーラスは王の命令を受けて、腕の立つものの治療を行っていた。その為まずは病院に向かい、アルナラの病室へと向かった。


「アルナラ!いる?いるなら返事しなさい!用があるからきてあげたわよ〜」


「起きてる!起きてる!だから早く入って来て!他の人に迷惑だから早く!」


 ダーラスはアルナラの病室前で嫌味のように大きな声で呼び、更にはドアをガンガンと叩いていた。アルナラは病室の中で非常に恥ずかしくなったのではやく入ってきてくれと大声で返した。すると隣の病室から


「うるせぇぞ!ここは病院ってわかってんのか!迷惑を考えろ!」


 隣の病人が言った。アルナラは後で謝りに行こうと思い、先にダーラスの用を片付けさせることにした。


「なんだ久々にきたけどわりと元気そうじゃない」


 ダーラスは嫌味のように言った。ダーラスはあまりアムライ7のことは好きでないのである。今のアムライ7はあまり問題を起こしてないが、昔のアムライ7が問題時ばかりだったからである。アルナラはその頃はアムライ7に所属していたのでダーラスの偏見が続いている


「全く。ここは病院なんだから迷惑かけるのやめてくれよ。俺に対しての嫌味なら退院した後いくらでも聞いてやるから」


 アルナラはそれを聞いた瞬間、これからが楽しみなように笑った。


「言ったわね。じゃこれから沢山ちょっかいかけてあげるわ〜。嫌味のようにね。今からあなたを治療するから」


「えっ?」とアルナラは今更と思いながら聞いた。


「今更だと思ってるでしょ?本当のこと言うなら私だって不本意なのよ。だけどね我が王の命令でね。実力のあるものを治療しに行けって言われてるから仕方なくね〜」


 そう言った後、ダーラスは詠唱を始めてアルナラの治療を始めた。


「我が目の前にあるものを癒したまえパーフェクトキュア!」


 ダーラスが唱えると、たちまちアルナラの傷が癒えた。


「お前ってこんな完璧に治癒魔法使えるやつだったけ?」


「この呪文は結構MPくうのよ。だからあんまり使いたくないの。じゃ次のところ行くから後は自分で退院手続き諸々はやってね。それじゃ」


 ダーラスはそう言ってアルナラの病室から去った。アルナラは傷が治って退院手続きよりも先にやることがあった。


「まずは隣の人に謝りに行かないと、、、。」


 ため息をつきながらアルナラは隣の病室に向かった。アルナラはこっぴどく怒られたという。






 次にダーラスが向かった病室はカルナクの病室だった。


「初めましてだね。私は知将ダーラス。あなたを治療しにきました。」


「知将さんがわざわざありがたい。でもいきなりだね?何かあったの?」


 カルナクは治療してもらえるのはありがたいが何か問題があったからきたのかと思い聞いた。そうでなければ今更治療しにくるなどないなと思ったからである。


「今私たちの皇国では強者を必要としているの。理由は治ってから王に聞いてください。では治療します」


 ダーラスはアルナラにやった時と同じ手順でカルナクを治療した。カルナクの傷も完全に回復した。


「治してくれたこと感謝する。このお礼は必ずする」


「礼などはいりません。皇国のために尽くしてくれればそれで構いません。では私はこれで」


 ダーラスはカルナクを治療した後カルナクの病室を去り、カルナクも退院の準備を始めた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く