異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人と実里の秋月チリン奪還作戦

作戦が決行される前に理人と実里は城へ向かい、チリンを救出に行った。


「まてよ、俺たち手前勝手なことで秋月連れ出そうとしてるけどそれでもいいのかな?」


 理人は実里に訪ねた。実里は


「当たり前だよ。きっとあの子無理やりやらされているに決まっているわ。王はあの子のこと城民だと思ってないもの」


 実里は今理人と話していてふと疑問に思ったことがあった。


「そういえば何で王は秋月さんのこと城民だと思ってないんだろ?この皇国にいるってことはあの子も城民扱いされるんじゃないの?」


 理人にそう訪ねていた。理人は実里に自分たちのことを説明した。自分たちは異世界から来たために城民扱いには入っていないのではないのかということ。それを聞いた実里はなるほどと納得していた。


「俺も王には一度面会したことはあるがそんな人を囮にするような決断をする奴には見えなかったけどな」


 一度見ただけでそんなことわかるわけないだろうと思っていた実里は


「そんなこと一度あったくらいでわからないだろう」


 声に出して言っていた。理人もそれを聞いて、何を言おうか迷っていたみたいであった。






 理人と実里が喋りながらもう城に着いた頃には夜になっていた。


「何で皇国から城に向かうだけでこんなに時間かかってんだよ俺たち、、、。」


 理人は思わず口に出して言っていた。アムライの屋敷付近から2人は城に向かっていたのだがそんなに遠すぎるわけではないのになぜか夜になっていた。


「何でも何も私たち途中から歩いて話していたじゃない。だから夜になっちゃたんでしょもう」


 実里は理人にそう言っていた。理人はあるべきことに気づいた。そうもっとも大事なことを聞くことを忘れていた。


「なんかごめんな。今更だけどあんた名前なんていうんだ?」


と理人は実里に聞いた。


「そういえばまだ名乗ってなかったね。私はミノと呼んでくれればいいわ。とりあえず城に入りましょう」


 実里が城の門に近づいた時、門番が


「お前たちここで何しているんだ‼︎今から大事な作戦が決行されるのだから今は城に入るのは許されない。大人しく今日は帰りなさい」


 門番にそう言われた実里は一度門番の言う通りに城から少し離れたところに向かった。それを理人は追いかけて言った。


「おい何やってんだよ。秋月助けるんじゃないのかよ?戻って来たら意味がないぜ?」


 理人は実里に言ったが、実里は逆になにかを思いついたかのような表情でいた。


「よく聞いて。あの人達が秋月さんを囮に出そうとしたところ。そこを狙いましょう。一緒に歩いているであろう騎士団の連中を倒して私たちが秋月さんを救う。この方が手っ取り早くていいでしょう?」


 実里の説明に理人は確かにそれはいい作戦だなと納得していた。


「逆にもしそれが成功したら俺たちこの皇国にはいられないぜ?」


 理人は実里に聞いた。実里は


「そうなるなら私たちの組織へおいでよ。まぁこれは冗談だけどほとぼりが冷めるまではとりあえず私たちの拠点にいればいいよ。まぁとりあえずここで秋月さんがでるのを待ちましょう。戦闘準備は大丈夫?」


 実里に聞かれた理人はいつでもやれるぜといったように武器を構えていた。
 こうして実里と理人はチリンが城から出てくるのを入り口近くで待っていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く