異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人、チリンを探す

チリンとミノ、カルナクは病室で話していた。


「何かお礼をしたいのですが。そうだこのミノを暫くあなたに預けます。ミノ頼めるか?」


 ミノは急に頼まれ少し驚いていた。


「私ですか?別に構わないがあなたは1人でも大丈夫なのか?」


カルナクに1人でも入院生活をやっていけるかとミノは確認していた。カルナクは割と重症で歩けたりはするが暫く戦闘などはできない状態でもしも襲われればひとたまりもないからである。


「この前、この病院でアムライさんがさらわれたばかりなんだぞ?お前怪我で戦闘なんてできない状態なんだぞ。大丈夫なのか」


ミノはカルナクにそう言ったが、カルナクは


「別にお前頻繁に来なくなるわけじゃないだろう。たまに顔出すだけで良いから今はその人を鍛えたりしてやってくれ。この前その子ギルドに冒険者登録していたろ?お前そこそこ鍛えて人に教えるのは少しくらいできると思うから自分の身を守れるくらいに秋月さんを鍛えてやれ」


 何故かカルナクが上から目線になっていた。


「なんで頼んでるのに上から目線なのかはわからないけどまぁいいわ。私もあなたを見にこれる暇ができるかわからないけどその命令承ってあげる」


 ミノも少し苛立ったのかカルナクの方が上なのに上から目線で返した。カルナクは


「え?冗談だよね?ちょくちょくじゃなくてもいいからきてくれるよね?」


カルナクは寂しそうにミノに返したがミノは


「いんや〜来ないかもね。まぁあのカルナクさんなら大丈夫でしょ?怪我深いけど」


 何気に冷たいミノさんだった
 ミノがチリンの護衛と修行を承った後ミノはチリンに住処を聞いていた。


「秋月さんはどこに住んでるの?迎えに行くから教えて」


と聞いて、チリンは


「私知り合いのところてんてんとしてるから特には決まってないの〜」


 え?とミノは思いながら


「ダメな時はどうしてるの?」


とチリンに聞いた。チリンは


「なけなしのお金で激安の宿探して泊まってる」


と真顔でミノに答えた。ミノはあわれんだのか


「苦労したんだね。いいよ今日からうちの泊まってる宿に来なさい。ちょうど入院してる人がいるから」


 カルナクは寂しそうに


「酷いこと言うな。まぁいいよ秋月さんチリンのことお願いしますね」


とカルナクはチリンにいい、チリンは


「こちらこそお世話になります。じゃまた暇があれば私もきますので私は一度泊まってふところに荷物取りに行ってきますのでお先に失礼致します」


 そう言ってチリンは先に病室を出た。カルナクとミノはチリンが出て行った後少し話していた。


「お前彼女をみて何か思い出したりしたか?後お前ミノとか名乗っといてよかったのか?」


カルナクはミノに聞いた。ミノは


「まぁ弓道寺がくれたこの仮面のせいか何も思い出しませんね。まぁもし私の事覚えている人用のためにこれからこのガイアラン皇国にいる間はあなたもミノって呼んでください」


 仮面の抑制の効果により実里は記憶の方は戻らないでいた。






 「おーい秋月〜どこ行ったんだ〜出て来てくれよ〜。1人なんて寂しいよ〜」


 その頃チリンがガイアラン病室で面会している間、前日から行方不明になっているチリンを理人は必死に探していた。


(くそ〜あいつ冒険者登録してばかりで多分弱いモンスターも倒せないでいるだろうしな〜俺が探してやらないときっと酷い目に合うだろうしな〜全く手間のかかるやつだな〜)


 理人は自分がいなきゃダメなんだろうなと思いながらチリンを探していた。チリンはとっくの間に皇国に戻っているのを知らない理人だった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く