異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

面会

ガイアラン会議が行われている時、チリンは病院にいた。


「すいません。カルナクという人が入院してると思うのですがどの病室ですか?」


 チリンは病院の受付の人に聞いた。


「カルナクさんは二階に上がってすぐの部屋ですね。まぁわかりやすいと思いますよ。そのドアだけ旧式なので」


 このガイアラン病院は病室のドアが全て手をセンサーにかざすと開く仕様になっているが二階の一室だけは手動を残してある。手動を好む人がたまにいる為その人ようのドアである。
旧式のドア部屋は中も手をかざす部屋より少し古いので値段も安いのである。


「わかりました。とりあえず二階に上がって探して見ます」


 チリンは二階に上がってカルナクの病室を探すことにした。病院の人の言う通り病院の二階に上がるとカルナクと病室の前に名前があった。
 チリンはカルナクの病室をノックした。すると中から仮面をした女の子が出てきた。


「カルナクにご用ですか?」


仮面の女はチリンに聞いた。チリンはギルドに登録しに行った時にこの仮面の女と一度会ったが仮面の女は覚えていないようだ。


「はい。私は今日カルナクさんを病院に連れてきたものですけど、様子が見たいのですがよろしいですか?」


と仮面の女に説明した。仮面の女は納得し、それならば是非と言う感じでチリンを招き入れた。病室に入るとカルナクは寝ており、しばらく仮面の女の人とチリンは喋ることにした。


「まずはカルナクを助けて頂き感謝します。あなたが病院まで連れてきてくれなければカルナクは相当まずい状態に陥っていたと思います」


 そう言って仮面の女はチリンに頭を下げた。


「いえ。私は当然のことをしたまでです。それに私はたまたま道に迷っていたら、そこのカルナクさんが倒れているのを発見しただけです。だからどうか頭を上げてください」


 チリンは頭を下げている仮面の女に言った。チリンはそんなことより前にギルドで会った時、この人とすれ違った時の理人の様子が気になったのでそのことを聞くことにした。


「すいません。今更なんて呼んでいいかわかりませんけど貴方この前ギルドで会いましたよね?」


仮面の女にチリンは聞いた。仮面の女は少し考えながら答えた


「私の事はミノでいいよ。この前って事はギルドに登録しに行った時かな?」


 ミノと名乗った女は言った。まだチリンは一度しかギルドに行ってないので多分その時かなと思っていた。


「そうだと思います。実は私は最近冒険者になったばかりなのでその時しか私には心当たりがありません」


 チリンはミノにそう言った。


「まぁ私も一度しかまだギルドには行ってないから多分その時だと思うよ。それがどうかした?」


ミノはチリンに聞いた。


「その時、私はもう1人男の人といたのだけれどあなたを見てなんか反応してたんだけど心当たりとかない?」


とチリンはミノに聞いた。ミノは記憶喪失状態なので全く心当たりがないとチリンに説明した。
 そうやって話しているうちにカルナクは起きた。


「ふぁ〜よく寝た。あれ誰かいるじゃんその人誰だ?」


カルナクはミノに聞いた。


「この人、あなたを病院まで運んでくれた人だぞ」


 それを聞いたカルナクはなんて失礼なことを聞いたんだと思うようにかしこまっていた。


「この度は助けて頂き感謝致します。私はここに運ばれていなければ多分のたれ死んでいたことでしょう。深く感謝致します」


とカルナクもチリンに頭を下げていた。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く