異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

仮面の女、揺れる恋心

アムライの負傷という大きな損害を受けたガイアラン皇国、その間にレジスタンスの本拠地であるレジスタンス島にいたカルナクと実里は今からまさにガイアラン皇国に向かおうとしていた。ガイアラン皇国に向かう前にカルナクたちは弓道寺に出発の挨拶をしに行った。


「ではリーダーしばらくガイアラン皇国に留まるので、島のことよろしく頼みます。報酬は送るので期待しておいてください」


とカルナクは弓道寺に言った。弓道寺はカルナクを呼び止めて言った。


「待てカルナク。これを実里に渡せ」


とへんな特徴の仮面とフードを受けっとった。


「なぜこれを実里に渡さなければいけないのですか?理由を教えて下さい」


と弓道寺にカルナクは聞いた。


「実里の記憶喪失は断片化してあって、この世界に一緒にきたやつとまともにあって話をすれば記憶を取り戻すかもしれないからだ。そんなことが起きれば種賀谷の決意が無駄になる。この仮面には一応記憶封印の魔法を施していてもらっておいたから多分これがあれば大丈夫だ」


と弓道寺はカルナクに説明した。
 カルナクはそれを聞いて納得し、リーダーに行ってきますと言ってリーダーのいる中央の間から出て、実里と外で合流した。
 ちなみに仮面の特徴は説明できないくらい気持ちの悪い趣味のものだった。
 外でカルナクと合流した実里はカルナクから弓道寺に渡すように言われていた装備を実里に渡していた。


「なんだこの表現のしにくい仮面は?フードはまだわかるが」


と実里は言った。カルナクはきびしめにいった。


「リーダーもお前のことを考えて渡してくれたんだから文句言わずに装備しな。まぁ今はまだいいけどガイアランに着くまでにはちゃんと装備しておけよ」


 少しため息をつきながら泣く泣く仮面を装備しフードを被った。そしてガイアランへ向かうためのゲートへと向かった。
 レジスタンス島は地図に存在しない場所にある為ガイアラン皇国に向かったりするときはゲートを使って移動するのである。


「そんじゃガイアランの城門のところまで転移するぞ」


カルナクは言って、実里は了解した。そして転移し、あっという間にガイアランについた。


「では種賀谷、私はここに入る瞬間からお前をマスクと呼ぶ。フルネームでMs.マスクで行くからわかったな」


とカルナクは言って、そのあだ名とかに関しては実里はどうでもよかったので了解した
 そしてガイアラン皇国に入った2人は次の日からギルドでクエストをこなす為に、ギルドに名前を登録しに向かった。その時、ちょうど理人たちと出くわすのだった。






理人はギルドに入った時、すれ違った仮面の女から懐かしいにおいがしてその仮面の女に声をかけた。


「おい。そこの仮面のあんた。俺にあったことあるか?」


と理人は仮面の女に聞いた。仮面の女は


「さぁ?私はあったことないと思うのだけれど。ではさようなら」


そう言って仮面の女とカルナクはギルドから出て行った。出て言った後も理人はその仮面の女が気になっていた。
 それを見ていたチリンは自分でもわからないが心が痛んでいた。


(あれ?なにこの気持ち?なんで鏡君があの人のことを気になっているのを見るとなんでこんなに胸が痛いんだろう。なんで、、、なんでだろう)


 チリンは自分でもわからない気持ちに戸惑っていた。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く