異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アムライ、バウラムを問い詰める

理人とアムライで組手をしている間、アルムの屋敷にある男が訪れいた。


「バウラム様‼︎なぜ急に帰宅を?いつも帰っていらっしゃる時には事前に連絡をしてアムライ様におっしゃっているんではないんですか?」


 屋敷の使用人はバウラムが急に帰って来たことに驚いていた。バウラムがいつも屋敷に帰ってくるときは事前にアムライに連絡が来ており、アムライはそれを使用人たちに伝えて、バウラム用の配置につく、そうしなければいつもバウラムが不機嫌になるからである。しかし今日は全くその配置についていなく、ちゃんとした状態で受け入れもしてない為不機嫌になるかと思えば今日は全然違った。


「今日は急用があって帰ってきたのだ。だから用が済めばすぐ出て行く。親父殿はいるか?後俺がきていることはアルダスには話すなよ。わかったか」


と使用人たちに言った。アルダスに口外しない件は了解し、使用人たちにバウラムが聞いた。
 

「それで親父殿はどこにいるんだ?」


と使用人たちに聞き、使用人は


「道場の方にいらっしゃいますが、お呼びいたしますか?」


とバウラムに聞いた。バウラムは


「頼む、親父殿と2人で話したいんだ」


と使用人たちに頼み、使用人はアムライを道場に呼びにいった。






 道場で理人の組手をちょうど終えた頃に、道場に使用人たちが来てアムライを呼んだ。


「アムライ様。バウラム様が帰ってらっしゃいました。そしてバウラム様がお話があるようです」


使用人がアムライを呼びアムライは


「わかった。すぐに向かう。鏡お前はここで休んでいなさい。戻ってきてから明日のことを説明するからでは」


 そう言ってアムライは道場を出てバウラムの元へ使用人に案内させた。






 バウラムの元に来たアムライはバウラムに聞いた。


「何も連絡せず帰ってくるなんて珍しいな。何用だ?お前とチームを組んでくれる人がいなくて相談に来たのか?」


アムライはバウラムに言った。バウラムは


「いや今日はそのこととは関係ない事できた。親父殿は何か研究とかに詳しい奴を知らないか?」


とアムライに聞いた。アムライはそっち方面はからっきしだったのバウラムに言った。


「そういうことは城の知将殿に聞いたほうがいいんじゃないか?お前も知っているだろう。ダーラス殿が魔法のコテづくりをしているのを」


そうバウラムに言った。バウラムは城に行けばアルダスがいるかもしれないという可能性があるから城には行きたくなかった。だからアムライに頼んだ。


「親父殿。何かそのダーラス殿からもらってこれないか?今日はできれば城には行きたくないので」


とアムライに言った。アムライはそこで不思議に思いバウラムに聞いた。


「なぜ嫌なんだ?城に行けば今アルダスがいるからついでにあってくればいいではないか。毎回お前は帰って来るとアルダスと会っていただろうに。最近のお前はおかしいぞ本当にどうした?」


バウラムは完全にアムライに疑われていた。アムライはどんどんバウラムを問い詰めるのだった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く