話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

タイトル未定 誰か決めてください。

MINAMI

アゴスト

「…お、起きたか。」

気がつくと俺はベッドの上にいた。

「おはよう。ディシエン。」

俺はディシエンと言うのか。

「お〜」

そういうと男の人が
驚いて

「ハッハッハッー
言葉がわかるのか?
こいつの生みの親は
バカだな〜
こんなに綺麗で
頭の良い子を捨てるなんてな〜
だよな〜マリ?」

マリ?
隣の女の人か

「そうねー
にしても、すっかり
親馬鹿ねー。」

俺もそう思う。

「ねー」

「うふふ アゴストは親馬鹿ねー。」

アゴストっていうのか。

「ねー」

「うふふ」

「お前も人の事言えないな〜」

どっちもどっちだと思うぞ?

「な〜」

グルルルル…腹減った…

「あぅー」

「ハハハ
腹減ったなー
マリ、
飯を作ってくれ!」

「あ〜!」




「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く