アンラッキーな少年勇者

(´・ω・`)

13.ごめん

デイディスから数十キロ離れた所で、俺達は合流した。
今は近くにあった木の下で休憩中だ。

「大丈夫か?ニビ」
「.........大丈夫」

もちろん、こんな質問しなくても大丈夫じゃない事くらい見れば分かる。
街にいた時より少しは治まっているが、それでもまだ、その小さな体は微かに震えている。
あれだけ好きだった風が、今この瞬間だけは刃物のように冷たく、鋭く感じた。

ニビが口を開いたのは、そんな時だ。


「その......ごめん」


「「え...」」

こんな状態でニビが喋った事にまず驚いたが、それよりも突然の謝罪に俺達は戸惑いを隠せなかった。

「俺...呪われた子供だし、出来損ないだから皆から虐げられるんだ。俺は分かってたからいいけどお前ら、大して接点もない奴らにあんな対応されて不満だったろ?だから、ごめん」

ふむ......。
俯き気味のニビは、恐怖より申し訳なさが勝っているようだ。
本当、律儀というかなんというか...。

カイを一瞥すると、俺と同じことを考えていたらしい。
場に似つかわしくないニヤケ顔をしていた。

「おい、聞いたかレイス。俺達今謝られたぞ。あのニビに」
「おう。というかコイツの辞書に謝罪なんて言葉が存在したこと自体俺からすると驚きなんだが」
「何言ってんだよレイス!こういうのが俗に言うツンデレってやつなんだよきっと!」
「これがあのツンデレか!生で見るの初めてだな」

明らかに場の空気とミスマッチな話の内容と声音。
異様すぎるその会話を聞いたニビは、一瞬驚いたような顔を見せて怒り始めた。

「お前ら......人が折角...!」

今度は違う意味で震えているが、俺達のする事は何も変わらない。
「あ、ツンモードに戻った」
「ツンデレの黄金比は8対2らしいぞ、ニビ」
「8対2か...。頑張れニビ!お前ならできる!」
ブチッと音が聞こえてきそうな程怒りが頂点に達したらしいニビは


「ふざけんなぁぁぁぁぁぁ!!!!」


そう叫んで、逃げる俺達を追いかけてきた。
そこには街の人間に怯えるニビの姿はなく、ただ俺達を必死に追いかける子供らしいニビがいた。

刃物のようだった風も、ようやく温もりを取り戻した。風というのはやはりこうでなくては。



こうして俺達は、多少強引ではあるが旅を再開させた。

......何故なら俺達は誰よりも身をもって知っていたからだ。
本当に傷ついている心を癒すのに、慰めの言葉など無意味でしかないという事を。




「アンラッキーな少年勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く