話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

無職が伝説の召喚士になるまで

夢見る少年

第1話 無職

僕の名前はライキ。小さな町に住んでいるが、常にチヤホヤされていた。何故なら、容姿も良く誰にでも優しくリーダーシップがとれ、将来大物になる事が確実だったからだ。ライキは、無意識で魔法を使えたのだ。しかも3歳からだ。本来なら10歳になる時に与えられる、職業の儀式で魔法職になり、そこから魔法を使えるようになるのだ。大人達はその事を知っている為、将来大賢者になるではないのか、と思い、ライキに媚び売っていたのだ。先月までは。ライキは、職業の儀式により、ステータスは以上に高かったが、職業が読めなかった為、無職のレッテルを貼られ虐められっ子になってしまった。そして、同い年の女の子に大魔道士の職業の子がいた。大魔道士は魔法職の中で3番目に強いため、大人達は全員その子に媚びを売っていた。ライキは1日で天から地に落ちたのだ。ちなみにライキのステータスは、




  名前ライキ  職業Legendsummonaer  Lv1


  ステータス


  力20
  体力70
  魔力350
  防御60
  魔防320




と、なっていた。職業は読めない字だったがステータスは物凄く高かった。Lv1の平均は50と言われているので、力以外は平均以上で魔力は7倍もあるので物凄い才能だ。しかし、幾ら才能があっても職業が、何か分からないなら宝の持ち腐れだ。その為ライキは、無職のレッテルを貼られてしまった。
この文字は異世界文字と言われていて、約500年前に魔王から世界を救った勇者が、使っていた文字で勇者達の職業が異世界文字で書かれていた事はここにいる誰も知らなかった。


僕は、1人で町の図書館で読めない文字のことを調べていると、


「やっほー!ライキ〜」


「お久しぶり〜」


「久しぶり。ロイス、ユリ」


元親友のロイスとユリがきた。ロイスが剣闘士で、ユリが大魔道士だ。剣闘士は剣士の結構上位の職業だ。その為、ロイスとユリは無職の僕を友達というのはプライドが許さないらしく、今ではきっちり上下関係が出来ている。


「なぁなぁ、魔境の渓谷行かねぇか?」


「いいねぇー!」


「流石に危なくない?」


「お前は、黙っとけよ!無職!大魔道士のユリと、剣闘士の俺がいるから大丈夫だ!」


「まぁー、そーよね」


「はい。分かりました。行きます」


「お前は、それでいいんだよ」


僕達は、町から1時間位の所にある魔境の渓谷に行くことになった。何故、魔境の渓谷と呼ばれているかと言うと、そこに落ちた人の生存者はゼロだからだ。それが落下死なのか、生き延びたがモンスターに殺されたのかは分からないが、そこに落ちた物は生きて帰ってきたこと無い。そして噂だが、この渓谷の一番下には億万長者になれる宝とそれを守る最強の守護者がいると、言われている。その為、魔境の渓谷に近寄る人は誰もいない。
そんな危険な所に子供3人で向かった。


「もう着くな!」


「そーだね!」


「どこまで行くの?」


「目の前に決まってるだろ!」


「流石に危なくない?」


「お前は、黙っとけって言ってんだよ!」


「ごめんなさい」


僕達は、渓谷の目の前まできた。


「ライキ!ギリギリまで行けよ!」


「いや、流石に怖いよ」


「意気地無しの男の子は、モテないよ〜」


「いいから行けって!」


「何もしない?」


「当たり前だろ?」


「うん。わかったよ」


僕がギリギリまで行くと急に体が動かなくなった。


「ギャハハハハハ!動けないだろ?ライキ〜?」


「ロイスが、やったのか?」


「大魔道士の私ですよ。無職と、違って私は優秀なので」
 

「離してよ」


「離すと思うか?お前はな、生きる価値が無い人間なんだよ。死ね」


「私達は、人殺しになりたくないので落下死したって言ったらギリギリまで行った貴方が悪い事になります。なので死んでください」


「や、やめてよ」


「辞めると思うか?お前はな目障りなんだよ!さっさと消えろ!」


僕は、ロイスの手によって渓谷に落とされた。


「あー、僕は、死ぬのか。悔しいなぁ〜こんな所で死んでしまうのは、将来は、大魔道士とかになりたかったのに…」


僕は涙を流しながら落ちて行った。




  


「無職が伝説の召喚士になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く