話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

無職が伝説の召喚士になるまで

夢見る少年

第4話 ダンジョン

俺が、魔境に落ちてから大体1ヶ月近く経った。最近では、トカゲが出て来たら殺して食って気絶してをずっとしている。その結果俺は、莫大なパワーとスピードを手に入れる事に成功した。現在では、トカゲが何匹同時に来ようが無傷で倒せるようになった。


「んー?そろそろ下の階層行こうかな?」


そう。この渓谷は、下の階層がある事を俺は発見していたのだ。俺の予想では、この渓谷の下にはダンジョンがあると考えている。俺は、ダンジョンと予想した為、迂闊に下の階層には行かないようにしていた。しかし現在では、トカゲが何匹居ようと圧勝出来るので、そろそろ下の階層にチャレンジしても良いと思い出したのだ。


「宝も見つけたいしな」


俺の予想では、ダンジョンって言ったら宝だ。そして、この魔境には前からこの渓谷の一番下には、億万長者になれる宝とそれを守る最強の守護者がいると、噂されている。俺は、それがダンジョンのボスと予想した。その為俺は、ダンジョンを攻略するつもりなのだ。


「よし、気を引き締めて行くぞ!俺は、全てを蹂躙出来る能力を手にして、自分の身を守るんだ。このダンジョンは、俺が強くなれる。だから、ぜってぇーボスも倒して、最強の宝もゲットしてやる!」


俺は、端の方にあった螺旋型の坂を降り、ダンジョン2階層に来た。


「えっ?」


そこにいたのは、凶暴そうなモンスターでは無く、最弱とよく言われているスライムだった。しかしここにいるスライムは、1つおかしい事があった。それは、身体の色が、危な過ぎるのだ。本来スライムは、薄緑色の身体なのだが、ここにいるスライム達は、マグマのようにグツグツといっている赤いスライム、明らかに即死するであろうな毒の色をしたスライム、身体の周りがバチバチと言いながら光っている黄色いスライム等だった。


「これ、絶対に1度でも攻撃食らったら、即死だよな」


と、言っていると毒のスライムが口から液体をだすと岩が、「ジュジュ〜」と、溶けた。


「ヤバイヤバイ。落ち着け。落ち着いていると、ぜってぇーに避けれた。平常心平常心。ってうわ!」


背中に衝撃を感じたので、反射的に殴ると、見えないなにかが飛んで行った。感触はあった為、何かと思っていると、壁の方で「グチャ」と、破裂音がして、透明色のスライムの死骸が現れた。


「まじかよ。姿を見えなくするって反則だろ!これも感覚で覚えろってか?ここは、最高の手練場だな」


俺はここを手練場と見ることにした。基本一発でも当たったら、即死な状態での訓練だったら、相当強くなれると思ったからだ。そして、ここには姿が見えない奴もいる。今回は、即死では無いが、今後はどうなるか分からない。その為、気配などを察知出来るようになっておきたいからだ。
俺は、気がつくと1時間位スライムと戦っていた。下からマグマが飛び出してくると思ったら、上から雷が落ちてきたり、爆風と共に大洪水が起こったりなど、相当カオスだった。スライムは合計10匹近くいた。そしてそいつ等は、何処か異次元の能力を持っていた。


「よし、食うか」


俺は、自分の成長の為に一匹づつ死骸を取っておいた。毒のやつを食うのは、正直めちゃくちゃ怖いが、割り切って食う事にした。流石にここで食って気絶したら、死ぬので1階層に戻り食う事にした。


「やっぱモンスターうめぇーな。毒の奴も普通に美味いっておかしいだろ」


俺は、全部のスライムを食べ終わってちょっとしてから気絶した。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


その頃町では、また、国の役人達が来ていた。


「これはこれはラルウ様。今日は、どのようなご要件で?」


「上に報告した結果を伝えに来た。一応お前らにも関係ある話だからな」


「分かりました」


「まず、この村に国の監視員を配置する。今回は、これで済むが次は、無いと思え。そして、剣闘士の子は、殺人犯として、王都に連行し、処罰する今回は、この程度になったが、さっきも言った通り次は、無いぞ」


「はい。分かりました」


「それと、伝説の召喚士の名前を教えろ。あと、身長なども詳しく」


「はい。名前は、ライキです。口調は優しくリーダーシップがあります。身長は、120位で、容姿はとても良いです」


「分かった。感謝する。剣闘士の奴を連れてこい」


「はい」


こうしてロイスは王都に連行された。その1週間後には、国の重鎮や、冒険者ギルドの幹部達が、集まり、ライキをどうしたら、自分達の駒に出来るかの会議が行われていた。

「無職が伝説の召喚士になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く