チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第41話 救出

 「陛下、私が…いや、があの国をぶっ潰してティファを取り返してきます」

 絶望する陛下を残し、俺はそう伝えて謁見の間を出た。

 (マナ、ティファの状況は分かるか?)

 『もうすぐ結婚式が始まります』

 普通ならば間に合わないだろう。だが俺は違う。

 (わかった、ティファのいる場所の座標計算をs『完了しています』)

 ほんとマナさん優秀過ぎて怖いっす。俺はマナに少しビビりながら〈超越覇時空神〉の〈空間転移テレポート〉を使ってライグ王国の結婚式場に乱入した。

 「あなたと結婚するのならば私はこの場で自害します!」

 転移すると、目の前でティファが剣を持って自殺しようとしていた。まさか自殺しようとするとは思わず俺は慌てて腕をおさえてそっと剣を奪った。

 「死なせねぇよ、ティファ」

 ティファにそう忠告すると、彼女はその場で泣き崩れた。すると、

 「貴様何者だ!私とティファニアの結婚を邪魔しおって!」

 下品なほど派手なタキシードにでっぷり太った奴が俺になにか叫んできた。結婚とか言ってるからこいつがこの国の王子なんだろう。

 「ティファを連れ戻しに来た者だ」

 「ティファニアは私と結婚するのだ!それを妨害する事の意味を分かっているのか!」

 「勇者達を使ってフェリス王国を侵略するんだろ?それから結婚とか言ってるが彼女に何をするつもりなのかも全て知っている。俺はそんなゴミみたいな国に制裁を下す」

 「貴様一人で何が出来るというのだ!騎士団よ!この愚かな者を捕らえよ!」

 王子がそう言うと、騎士達が俺とティファの周りを囲んだ。

 「このままだとティファも怪我をしてしまうぞ?良いのか?」

 「どうせすぐに傷物になるんだ。多少の怪我など構わん」

 「どこまでもクズだな。〈召喚サモン〉ルカ。ティファを守れ」

 「御意!」

 俺はルカを召喚し、ティファに被害が及ばないようにした。

 「ほう…なかなか美しい天使を召喚するのだな。その天使を寄越せば今までの無礼を許してやらんことも無いぞ」

 「…てめぇいい加減にしねぇと殺すぞ」

 どこまで俺を怒らせたら気が済むのだろう?俺は全力の殺意を向けた。すると、王子はガクガク震えながら漏らした。そして、王子は言う。

 「こ、こやつを殺せ!殺した者には最高の褒美を遣わすぞ!」

 すると、すぐに騎士達が俺に斬りかかった。しかし、

 「〈魂消去デリートソウル〉」

 「…は?」

 俺の一言で騎士達は抜け殻になったかのように倒れた。この異様な光景に周りの人は困惑を隠しきれずにいる。これは〈超越覇死神〉のスキルで、対象の魂を消す恐ろしい魔法だ。そして、俺は王子を睨みつけた。

 「この国の王族は害悪にしかならない。だから貴様もここで終わりだ。」

 「ひぃっ!貴様は本当に何者なのだ!?」

 「…ただの冒険者だ。」

 「そんな訳…」

 王子が何か言いかけたが俺の〈魂消去デリートソウル〉ですぐに静かになった。

 (これで一段落か?)

 『最後の方は完全に魔王でしたけどね』

 (それは仕方ないことだ…)

 マナと少し話していると

 「タイキさん、二度も助けられてしまいましたね。改めて惚れてしまいました。ありがとうございます」

 ティファが涙目で顔を赤くしながら感謝を告げてきた。

 「ティファが無事で良かったよ」

 そう言って俺も笑いかける。すると、

 「〜〜//」

 ティファは顔を更に赤くして倒れてしまった。またやっちまったが許してくれ…。

 倒れたティファはルカに任せて俺は他の王族の元へと向かった。


「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く