チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第28話 ティファニア

sideティファニア

 私はフェリス王国第2王女のティファニア・フェリスです。最近は貴族の息子とお見合いが多いのですがどの人も魅力が無く憂鬱としていました。今日はメタブ侯爵の息子とお見合いを終えて、馬車に乗ってフェリス王国の王都に戻っている途中でした。そして、コランの森を抜けようとした時、突然馬車が止まってしまったのです。コランの森は強い魔物がいないはずなので何事かと思い外に出て騎士に訪ねました。

 「何事ですか!」

 「姫様!大量のハイオークに囲まれてしまいました!早く馬車にお戻りください!」

 「そんな!」

 そう言った時には既に遅く、私は近くのハイオークに捕まってしまい思わず悲鳴を上げてしまいました。

 「キャァァァァァ!!」

 私は恐怖で震えてしまいました。ハイオークはとても強いAランクモンスターなうえに捕まった女性は繁殖のために酷いことをされると知っていたからです。そして、私はこれからされることに絶望し、無意識にこう呟きました。

 「誰か…助けて…」

 すると、ゴウッという音と共に突然半分近くのハイオークが燃えて消えた・・・のです。ハイオークが消えた方を見ると、私と同じくらいの年の男の子が騎士に何か叫んでました。しかし、私を捕まえていたハイオークは私の服を破り、酷いことをしようとしました。それなのにほとんど声が出ませんでした。

 「きゃっ…」

 服が破られてとうとう酷いことをされると思ったら突然オークの首が切られました。あまりのことに驚いていると、さっきオークを倒した男の子がいて、こう言いました。

 「大丈夫か?すぐに終わらせるから少し待ってろ」

 よく見ると、その男の子は吸い込まれるような深紅の瞳にかっこいい顔立ちをしていて、とても優しい笑顔で私にそう言い、着ていたローブをかけてくれました。こんなことされたらどんな女の子でも好きになっちゃいますよね?私は顔を赤く染めて俯いてしまいました。

 そして、次の瞬間には全てのオークが倒されていて傷を負った兵士も回復していました。しかし、あまりのことに固まっていると、オークを倒してくれた男の子が去ってしまいそうだったので私は慌てて声をかけました。

 「私はフェリス王国第2王女のティファニア・フェリスです!た、助けていただきありがとうございます!」

 今までに体験した事のない緊張と気持ちで精一杯言いました。

 これが私にとっての初恋・・でした。



「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く