チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第7話 訓練開始

 翌朝、メイドに起こされて朝食を取るために食堂へ向かった。

 「やっぱり夢じゃないんだな…」

 「そうだね。隣座ってもいい?」

 そう言って凜が隣の席に座る。

 「いちいち聞かなくてもいいよ」

 「そんな冷たく言うなって〜」

 目の前の席に康太が座る。

 「皆さん揃いましたね。それでは昨日言った通り今日から訓練をしてもらいます。ですがその前に騎士団長と魔法師団長の紹介をさせていただきます。」

  そして出てきたのは鎧を着た高身長イケメンとローブを着た賢そうな巨乳美人だった。

 「今日から君たちに武術の訓練を付けさせてもらう王国騎士団長のラインハルトだ。よろしく頼む」


 「めっちゃかっこいいー!」

 「超イケメン!」

 女子から黄色い声があがった。そして

 「同じく今日から魔法の訓練をつけさせていただきます。魔法師団長アノイアです。よろしくお願いします」

 「めっちゃ美人だ…」

 「惚れたわ…」

 男子からも声が上がるが若干危ない気配を感じる。

 そして皆朝食を食べ終えいよいよ訓練が始まった。

 「それでは武術の訓練から始める!それぞれ好きな武器を取って素振りから始めるんだ!」


 皆武器を取り始めた。ちなみにこの世界の武器には剣、刀、槍、棒、斧、弓、杖、槌、鎌がある。ちなみに双剣や二刀流は珍しい。もちろん俺は二刀流だ。理由?そんなのかっこいいからに決まってんだろ。

 そんな感じで皆武器を取って素振りを始めた。

 「君は二刀流か、珍しいな。扱いが難しいから頑張れ。」

 「分かりました。頑張ります。」
 
 (まぁ武神Lv∞のおかげで感覚は完璧なんだけどな)

 『そんなマスターに朗報です。叡智神Lv∞を併用して頭で理解することにより、さらに動きに無駄がなくなり完璧に扱えるようになります。』

  (お!マジか!じゃあこの世界の武術に関する全ての知識を教えてくれ)

 『了解しました。頭に直接知識を流します。』

 そして俺の頭に大量の知識が流れてきた。情報が多すぎて頭がパンクするかと思ったが並列思考と思考加速、完全記憶によって一瞬で全てを理解することが出来た。

 (まるで何百年も修行を積み重ねた人みたいに動けるな)

 素振りを続け気づいたら昼になっていた。
昼食を取り次はいよいよ魔法の訓練になる。

 「それでは皆さん魔法の訓練を始めます。皆さんは魔法のない世界から来たようなので魔力を感じる所から始めようと思います。魔力は体内に根をはるように巡っています。それを感じれるようになるまで続けましょう。」

 「難しいよぉ!」

 「どこに魔力があるんだ?」

 皆なかなか苦戦している。しかし俺は

 (叡智神さんよろしく!)

 『言うと思ったので魔法に関する全ての知識を流します。』

 さっきと同じように大量の情報が流れてくるがまた並列思考と思考加速、完全記憶により一瞬で全てを理解する。

 (これが魔力か、簡単に扱えるな)

 『当たり前です。マスターには魔神Lv∞による魔力支配があるんですから。』

 (確かにそうだな、でもあんまり完璧にやると色々疑われるから気配を消してっと)

 気配を消した俺は周りに気を使うことなく好きなだけ魔力を操作し、各属性の球を周りに浮かべて遊んだ。

 ちなみに魔法には階級があって初級、中級、上級、極級、破級、神級まである。人間の限界は極級までだそうだ。

 「皆さんよく頑張りました。数名は初級魔法を打てるまで行きましたね。今日の訓練はこれで終了です。」

こうして初日の訓練は幕を閉じた。


「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く