チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第5話 叡智神

 (叡智神!?ってそういえば自我があるんだっけ…もう驚かねぇよ)

 『そんなことよりもマスターはステータスが強過ぎるので隠蔽すべきだと思います』

 (とは言ったもののどれくらいが普通のステータスなのか分からないんだけど)

 『マスターが知りたいと思えば知ることが出来ます。』

 (そんな簡単なのか…)



 そしてステータスの平均を見る。





【ステータス】

【名前】 
【種族】
【職業】村人 商人 etc
【レベル】1

【HP】50/50
【MP】30/30
【物理攻撃】40
【物理防御】40
【魔力】20
【魔法攻撃】20
【魔法防御】20

【スキル】
農業Lv2 交渉Lv2 etc
【固有スキル】
無し
【称号】







 (なるほどな…じゃあ全スキルLv∞の隠蔽Lv∞を使って…と)





【ステータス】

【名前】 神谷 大樹
【種族】人族
【職業】剣士
【レベル】1

【HP】70/70
【MP】50/50
【物理攻撃】60
【物理防御】60
【魔力】30
【魔法攻撃】30
【魔法防御】30

【スキル】
言語理解Lv- 剣術Lv2
【固有スキル】

【称号】




 (ざっとこんな感じだな)

 『村人に毛が生えた程度ですね』

 (それくらいなら問題ないだろ。ほかの勇者はどんな感じだ?)

 『鑑定します』
 




【ステータス】

【名前】 中島 光輝
【種族】人族
【職業】勇者
【レベル】1

【HP】500/500
【MP】400/400
【物理攻撃】650
【物理防御】650
【魔力】550
【魔法攻撃】550
【魔法防御】550

【スキル】
言語理解Lv- 剣術Lv8 光属性魔法Lv7 魅了Lv10
【固有スキル】
成長速度倍化Lv1 限界突破 聖剣召喚Lv1
【称号】
光の勇者 モテ男 






 (もともと主人公みたいなやつだと思っていたがマジでThe主人公だな)

 「光輝くん凄いね!」
 
 「光輝らしいな!」

 「さすが勇者様ですね!」

 (アイツの裏の顔見てから言えよ…ってか魅了と聖剣召喚ってなんだ?)


 魅了Lv10:これを使った相手はほとんど使用者に魅了される。しかし相手に想い人がいれば効果は発動しない。

 聖剣召喚Lv1:伝説の聖剣が召喚できる。聖剣の強さはレベルに依存する。


 (このスキル割とやばいな…てか俺も持ってんのか)

『マスターはアホですか?』

  (そんなこと言うなって…)

 「さっきから一言も話してないけど大樹大丈夫?」

 「ん?あぁ大丈夫大丈夫」

 「そっか…心配したよ」

 「こんな時でも大樹は大樹だね〜」

 「康太は黙っとけ」

 「あっ!大樹のステータスってどんな感じなの?」

 「俺はめっちゃ低いから」

 そう言ってさっきのステータスを見せる

 「確かにちょっと低いね…でも私がちゃんと守るから大丈夫だよ!」

 「まぁ俺達といればなんとかなるだろ〜」

 「そういうお前らはどんな感じなんだよ」

 と言いつつ勝手に鑑定





【ステータス】

【名前】 鳳条 凜
【種族】人族
【職業】聖女
【レベル】1

【HP】350/350
【MP】550/550
【物理攻撃】300
【物理防御】300
【魔力】700
【魔法攻撃】700
【魔法防御】700

【スキル】
言語理解Lv- 七属性魔法Lv7 回復魔法Lv5
【固有スキル】
成長速度倍化Lv1 聖女の癒しLv1
【称号】
異世界人 聖女 一途





 七属性魔法Lv7:全属性(火 水 土 風 光 闇 無)の魔法が使えるようになる。

 回復魔法Lv5:ダメージを回復できる魔法
回復量はレベルに依存。

 聖女の癒しLv1:回復魔法の上位互換。状態異常も治すことができる。


 (称号の一途って誰のことだ?)

 「なかなかすごいステータスだな」

 「そうでしょ!怪我したら言ってね!私が治してあげる!」

  そんな笑顔で言わないでくれ、天使すぎる。

 「次は俺だな〜」





【ステータス】

【名前】 藤堂 康太
【種族】人族
【職業】拳闘士
【レベル】1

【HP】450/450
【MP】350/350
【物理攻撃】630
【物理防御】600
【魔力】500
【魔法攻撃】400
【魔法防御】400

【スキル】
言語理解Lv- 拳闘術Lv8 無属性魔法Lv3
【固有スキル】
不屈の闘志Lv2  
【称号】
異世界人 友達想い 優男





 (普段の俺との会話では考えらんない称号だが事実なのが悔しい)

 「お前勇者の次くらいに強いな」

 「だろ〜だから一緒にいれば安心だ〜」

 「そうだな…頼むわ」

 「任せろ〜」

  そんなことを話していると

 「皆さんよろしいでしょうか?これからのことについて話させていただきます」

 綺麗なドレスを着た王女様がいた。



 

「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー273152

    皆のレベルに合わせたらいいのにw

    1
コメントを書く