チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

プロローグ

 どうも作者です。学生なのでめっちゃ不定期更新の予定です。


「あ〜つまらん」

 俺の名前は神谷 大樹 。普通の高校1年生だ。顔は上の下くらいと言われる。最近生活が普通過ぎて飽きてきたのでラノベを読んで異世界転移する妄想に浸っている。

 「大樹またそんなこと言ってるの?」

 この娘は鳳条 凜。俺の幼なじみで学校1の美少女だったりする。男女ともに人気。

 「まぁ大樹だしな〜」
 
 「うるせ」

 こんな事を言ってくるのは俺の親友でもある藤堂 康太だ。こいつとは常にからかいあっているが面白くて中々良い奴である。

 「そんなことよりさっさと座らないと先生来るぞ」

 「あっ ほんとだ!じゃあ後でね!」

 「お前もシャキッとしろよ〜」

 「わかってるって」

 (はぁ〜またつまらない日常が始まるのか…)

 その時、突然教室の床に魔法陣が浮かび光出した。

 「うわ!なんだこれ!?」

「キャー!」

 クラスメイトは叫ぶ。しかし俺はというと

 (これってクラス転移じゃね!?)

 そんな呑気なことを考えていた。

 そして光が治まると教室には誰も残らなかった…

 

「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く