本当の友達

もか

〜ヒント探し〜

「とりあえずセーブしよ」
「そうだね〜」 
「らこからいいよー?」
『ありがと』
少女の頭に手を当て
《セーブ完了しました。》
この声聞いたことある気がする…
その時は機械音じゃなくてもっと人の声で
考えてる間に2人終わったみたいで、

「よし、じゃあヒント探しいこう!」
3人で手を繋いで歩き始めた。
「そいえばらこって体キンキンにいつも冷えてるよね。」
「そいえば!肌も白いし、綺麗だよね!」
『そうかな?なんか触れた時感覚があんまりしないんだよね…』
「死体みたいな感覚?」
『どうだろ?わかんない』
「あみも冷たいよね。」
「そうかなー?」

『何も考えず歩いてるけどどこ行くの?』
「あ…忘れてた笑」
「とりあえず音楽室いこ!
お化けといえば音楽室!」
『うん!いこいこー!』

「そういえば、肝試しの次の日、らこ15歳の誕生日だよね!高校生になるもんね!」
「そうだね!」
『私誕生日の日忘れてたー!』
3人で笑い合いながら音楽室へ向かった。



「本当の友達」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く