話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられてた俺が異世界に転移したら神になった〜チート能力で無双〜

guju

ウル

 1週間後、俺達は言われた通りに武器屋へと足を運んだ。

「ジュゴンさん」

 扉を開けると、待ってましたと言わんばかりのジュゴンが出迎えた。

「おう、久しぶりだな」
「どうだ、完成したか? 」
「はっ、勿論だ」

 カウンターの下から1つの大きな木の箱を取り出す。鍵穴に鍵を刺し、蓋を開ける。

「これが、俺の最後の傑作だ」

 青い神玉がはめ込まれたその2つの短剣は、思ったよりも細く、両刃の刀くらいしか太さがない。だが、反射して顔が映るほどに輝いており、刃は軽く触れただけで真っ二つに切り裂けそうなまでに鋭い。

「ほれ、持ってみろ」
「あ、ああ……」

 俺はその短剣を手に取る。すると、柄の部分に嵌められた神玉が僅かに光を漏らした。

<やっと会えた、あるじさま……>

「ま、また声が」

 同じく周りには聞こえていないようだ。

「おいソウ、答えてやれよ。お前の声も届くんだからな」
「わかった……。聞こえ、てるか? 」

<あるじさま! あるじさま! >

「これから宜しく……えっと……」

<お名前決めて! >

「おう。なら……ウルでどうだ? 」

なんか呼びやすいし。

<ウル、嬉しい! >

 どうやら喜んでもらえたようだ。

「ところで、ウルは人型にはなれないのか? 」

 シャルロットが人型になっているんだ。同じ神玉を使ったウルも人型になれるかもしれない。

<ウルはね、おおかみなの! >

「狼?? 人じゃないのか? 」

<うん! なる? >

「そうだな。なってくれ」

<分かった! >

 手に持っていた2つの短剣が光となって、手から離れる。そして、目の前には俺の膝くらいの小さな狼……いや、犬が居た。

「いじめられてた俺が異世界に転移したら神になった〜チート能力で無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く