話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いじめられてた俺が異世界に転移したら神になった〜チート能力で無双〜

guju

新しい武器

ギルドで報奨金を得た俺達は、ギルドマスターに紹介された武器屋へと足を運んだ。

 どうやらこの店は珍しいらしく、本来ならば武器を仕入れてそれを並べるだけの武器屋とは異なり、店主自らが作った武器を並べている。
 全くない訳では無いらしいけど、少なくともこの街にはこの武器屋しか作ったものを売る場所が無いそうだ。

 駆け出しや金に余裕が無いもの、採取用のナイフだったりは既製品の店に行く者が多いらしいが、上位の冒険者ともなればこの店を贔屓にするらしい。

 俺とシャルロットは、武器屋に入る。

「いらっしゃい」

 太く低い、職人と言ったらというような渋い声で一言。頭には白いタオルを巻き、黒いタンクトップを1枚だけみにつけたガタイのいいおっさんは、金槌を片手に店の奥から顔を出した。

「なんの御用で」

 それはつまり、作成か購入か手入れかの事だろう。

「武器をひとつ頼みたい」
「剣か? 槍か? なんだ」

 何にしようか、昨日の夜に考えた。リーチが長く破壊力が強い武器は鎌のシャルロットガいるとして、あとは身軽で戦いやすい物がいい。となると、必然的に剣になる。

 つまり、片手剣だ。それも二本。
 刀も考えたのだが、正直手入れがめんどくさい。シャルロットレベルになると手入れの必要は無く劣化なんかしないのだが、そのレベルを手に入れられる可能性なんて無い。
 となれば、誰でも手入れできる物にしなければならない。その結果が片手剣だ。
 だが双剣とは違う。あくまで片手剣を2本だ。

「つまり、似たものを二本ということか」

 説明すると、理解したようで紙とペンを取りだしおもむろに何かを書き始めた。

「いじめられてた俺が異世界に転移したら神になった〜チート能力で無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く