クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

レベルアップ①

 この異世界に転移して、俺は失念していた事がある。
 それは、レベルだ。

 確かに俺は神なのかもしれないが、とはいえ異世界から急に転移刺せられた身。
 どういう理屈かは分からないが、俺はレベル1なのだ。

 まぁ、何が言いたいのかと言うと。
 異世界に転移した事で浮かれていた俺が、さらに神だと知ってしまい、騎士団長をあっさり倒してしまったことで天狗になり、すっかりステータスの底上げを忘れていたと言うことだ。

 今の俺のステータスは

ステータス
名前  ソウ・カミヤ
種族人族(神)

Lv1

HP1000
MP5000
攻撃700
防御600
俊敏1000
知力500

魔法適性
火 水 風 土 雷 氷 植物 闇 光 空間 時 重力

スキル
言語理解Lvー
無詠唱Lvー
身体強化Lv10
魔法耐性Lv10
物理耐性Lv10
魔力向上Lv10
隠蔽Lv10
アイテムボックスLv10
鑑定Lv10
武技Lv10
体技Lv10

称号
祖神の血族  神々から認められたもの
人間に化けた神

 という具合に、確かに強いのは強いのだが、まだ人間の範疇を逸脱していない。
 まぁ、逸脱する必要があるのかと言われればそれまでなのだが、一応神だし強くなっとかないと不味い気がする。

「シャルロット、俺は少し出てくるからその間の護衛を頼む」
「こんな夜中にどこへ行くのですか? 」
「いやな、レベルアップの為に魔物狩りに行こうと」
「でしたら、妾も同行致します」
「なら誰がアンドリューを守るんだ? 」
「お言葉ですが、この結界を敗れる者は学園にはいないかと」
「もしもを考えろもしもを。これは冒険者ギルドとしての依頼だぞ、ミスをすればどうなるか分かったもんじゃない」
「ですが、妾には主様の御身の方が……」
「心配するな、俺は強い」
「獲物は、どうなさるので? 」

 そんなに心配なのか、いつもより強く食い下がってくる。
 まぁ、アンドリューの事もそうだが、シャルロットを武器として使うのは緊急時以外好まないからな。
 

「どうすればここに残ってくれる? 」
「………………。でしたら、こちらをお持ちください」

 そう言って手渡されたのは、魔法陣が刻まれた白い紙。

「これは? 」
「主様の元へ繋がる転移魔法陣です。何かあれば、直ぐに駆けつけられるように」
「分かった、これを肌身離さず持っておくから、心配せずに待っててくれ」
「分かりました。アンドリュー様の護衛は、妾にお任せ下さい」
「あぁ、任せた。ではいってくる」

 俺は、転移魔法を発動させて城門からあ少し離れた森のあたりに転移した。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く