クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

詰問

 朝の授業準備時間、凡そ30分間を生徒達の質問攻めで浪費した。
 その間、アンドリューは足を組み俺の事を笑いながら見ていた。
 間者よりも先に、アンドリューを殺してしまいたい。

 この学校の授業サイクルは、1時間50分の6コマ。
 6時間目まであり、あいだに10分間の休憩、昼休みは1時間10分と長い。

 全てを終えて学校を出ることが出来るのは、早くても帰ることが出来るのは4時頃だろうか。

 事前情報によると、この学園には部活動やサークルいとったものがなく、ギルドマスターに聞いた時は、なんだそれと返された。

 つまり、間者が仕掛けてくるのは登校時、帰宅時、学園の休み時間のどこか。
 夜は、俺と同じ部屋のため襲ってくることはないだろう。

 そう考えれば、少しは気が楽になるのかな。
 依頼の間ずっと気張っているのも疲れるし。

「部屋に結界を張っておけば、セーフゾーンみたいになるか」

 それよりも、シャルロットも大変そうだな。
 
 少し前、俺に話しかける時に「主様」と言ってしまってからと言うものの、クラスにいる詮索隊に色々質問攻めにあっている。

 時折、助けてほしそうな目でこちらを見て来るが、その姿があまりにも可愛いので俺は敢えて知らん振りをしている。

そんなこんなで、俺達の学園生活は詰問から始まった。




「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く